あなたと地域の未来を創る
インターン生の日常
説明会に参加する

2015.12.30

石田昴誠

石田昴誠 東北大学 経済学部 2年

私は株式会社花山サンゼットでインターンシップに取り組んでおります、東北大学経済学部2年の石田昂誠(イシダコウセイ)です。
私の主な仕事は栗原市にある花山という地区の地域資源の調査・発掘のためのヒアリング調査とデータ集積、地域特産物の六次化です。
そもそも花山地区は栗原市の中でも中山間地域に位置する場所です。この地区で私は地域資源の調査、魅力の発見、情報発信を通じて地域活性を図ることを目標にしてきました。
また、地域課題の解決にも取り組み、持続可能な地域づくりにおいても貢献できるよう活動しています。

インターンシップの期間は毎日が充実していて、自分が真剣になって取り組め、私の人生の中で大変貴重な経験となっています。
またこの期間は自身の社会人としてのスキルを磨くだけでなく、自分の将来像や得意なこと、本当にやりたいことなど、自分と真剣に向き合う時間にもなっています。
インターン開始当初は戸惑うことも多々ありました。
社長のご家族以外誰も知り合いのいないなかで、私は非常に不安でした。
しかし、花山の方々が私を温かく受け入れてくださったので、不安を拭い去り、全力で今回のプロジェクトに取り組むことができています。
151231_ishida3

私がこのインターンシップで得た学びは大きく分けて二つあります。
1つは「仕事において人との繋がり・信頼関係が大事であること」、
もう一つは「人を喜ばせることこそ仕事の本質である」ということです。

インターンシップが始まってから間もないころに、私は社長から「取材させていただいた農家さんには、レポートなり何か得た成果を還元したほうが良い」とアドバイスをいただきました。
そこで、当初は特に理由も考えず黙々とレポートを作成していました。
しかし、実際にその取材させていただいた農家さんに成果報告すると、農家さんから「素晴らしい視点と考え方だ」との評価をいただき、更に多くの情報を提供していただけるようになりました。
取材させていただいたことの成果を相手と共有することで自分のことを理解してもらい、信頼関係構築につながるのだと感じました。
またそのような取材と成果報告を重ねていると、その評判が別の農家さんに伝わり、「ぜひ取材してほしい」と呼んでいただけるようになりました。
この時には「仕事において人との繋がり、信頼関係が大事である」と実感しました。

反対に、インターンシップ期間中に失敗したこともありました。
地域資源調査のアンケートを花山の皆さんに答えていただくために、とある地域イベントに参加させていただくことになったとき、その参加の旨をそのイベントを取り仕切る区長さんにお伝えすることが当日になってしまったことがありました。
当然そのような連絡は数日前、どんなに遅くとも前日にはお伝えしなければならなかったのですが、連絡をし損ねてしまい当日の連絡になってしまいました。
しかし、区長さんは急な申し出に対しても快諾してくださり、さらにアンケート用紙配布の協力までしていただきました。
また、イベントに参加していた花山で知り合った農家さんもアンケート調査に自ら協力してくださいました。
私の失態を無かったことのようにし、かつ積極的に自分の仕事をサポートしてくださり、改めて「人との繋がりが重要である」と実感しました。またこのような繋がりが無ければ、仕事はできないと思いました。
花山の皆さんの温かさに感謝の思いがこみ上げる経験でした。

私が学んだことの二つ目である「人を喜ばせることが仕事である」ということを強く感じたのは、大学生のボランティアツアーを組んで「湖秋祭り」という花山地区の大きなイベントのお手伝いをさせていただいた時のことでした。
湖秋祭りに人手が必要であると、この湖秋祭りの実行委員の方からお話をうかがい、ボランティアツアーを企画・実行させていただいたのですが、結果的に参加した学生からツアーに関して高評価をいただき、苦労して企画書作成やスケジュール調整等した甲斐があった!と仕事の達成感や喜び、やりがいを感じました。
また、湖秋祭りの実行委員会の方々からも感謝の言葉をいただき、信頼関係を一層固くできたのでこの後の仕事がしやすくなりました。
別のイベント運営でも頼りにされることが増え、花山地区の担い手の1人として認められてきたのだと嬉しく思いました。
このようなボランティアツアーの開催は、会社からしてみれば一見利益が無いように思えますが、交流人口を増やし、地域活性に寄与し人々との繋がりを強化するという点で、私は広義的に会社にも貢献できたと考えています。
「人を喜ばせることが仕事」であって、決して一人で利益を上げようと考えないこと、誰かのためを思って仕事すること。
社長が日ごろおっしゃっていることが少し体感として得ることが出来たと思っています。
151231_ishida2

インターンシップの期間もあっという間で残り2カ月となりました。
この2カ月間、私は取材データ集計や特産品の六次化や第二次ボランティアツアーの企画に取り組む予定です。
最後まで全力で駆け抜けようと思います。

最後に、今回のインターンシップで私が得た経験は言葉に表現することが難しいほど膨大で充実したものでした。
名刺交換の仕方や企画書の書き方、様々な年代とのコミュニケーション能力等、社会に出て活躍するためのマナーやスキルの獲得だけでなく、経営者の考え方や仕事に取り組むことがどういうことなのか等、職場(現場)に飛び込んでみなければ決して知ることのできないことを学生のうちに得ることができたので、私にとってこのインターンシップでの経験は貴重な財産となりました。
最後になりますが、株式会社花山サンゼットのインターンシッププログラムは、地域社会や地域創生に関心のある方、学生のうちに社会人としての経験を積んでおきたい方、何かに全力で取り組んでみたい方、是非おすすめです!
次期インターンシップも行う予定ですので、ご検討のほどよろしくお願いいたします。
151231_ishida1

石田昴誠 東北大学 経済学部 2年

受入企業
株式会社花山サンゼット
プロジェクト概要
http://www.project-index.jp/intern/8368
石田昴誠

2015.12.30石田昴誠(東北大学 経済学部 2年)

インターンで得た2つの学び

151231_ishida2

私は株式会社花山サンゼットでインターンシップに取り組んでおります、東北大学経済学部2年の石田昂誠(イシダコウセイ)です。 私の主な仕事は栗原市にある花山という地区の地域資源の調査・発掘のためのヒアリング調査とデータ集積、 …

続きを読む>

2014.11.21

佐々木 康介

佐々木 康介 インターンシップコーディネーター

こんばんは!コーディネーターの佐々木です。

11月から仙台なびっくの長期インターン生として仙台市中心部商店街の活性化プロジェクトに挑んでいる、三浦さんからのメッセージを紹介します。
どんなイベントが行われるのか、今から楽しみですね!!

はじめまして。
宮城学院女子大学3年の三浦遥香と申します。
11月から仙台なびっくでインターンをしています。
商店街活性化をテーマに学生が中心となって、
商店街を盛り上げるイベントを企画する予定です。
そのために今は、商店街の背景や他県の取り組みを調査しています。
若者の声を仙台なびっくに届けられるよう頑張ります。

20141121_1

佐々木 康介 インターンシップコーディネーター

プロフィール
放浪癖がありアメリカに計2年留学してたり大学時代はバックパッカーで20か国くらいまわりました。 不思議な人生を歩んでますが楽しく生きてます。
佐々木 康介

2014.11.21佐々木 康介(インターンシップコーディネーター)

インターン生からのメッセージを紹介します!

20141121_1

こんばんは!コーディネーターの佐々木です。 11月から仙台なびっくの長期インターン生として仙台市中心部商店街の活性化プロジェクトに挑んでいる、三浦さんからのメッセージを紹介します。どんなイベントが行われるのか、今から楽し …

続きを読む>

2014.11.1

内藤勘太郎

内藤勘太郎 インターンシップコーディネーター

みなさんこんにちは、ワカツクコーディネータの内藤です。

一般社団法人こはくでは、牡鹿の学びの場づくりプロジェクトが始まってから1か月が経過しました。
こはくでは、フューチャーセンター機能を石巻に置くことで、地域の課題を持ち込んだ人のフォローをする形をとっています。
https://www.facebook.com/KazeshiJuanfc
その中で今回は、牡鹿に注目して学びの場づくりに関わっています。

今回、プロジェクトの進捗が当初予定していた状態より遅れていることを確認しました。
今後巻き返していくために、どのように取り組んでいくかについて話し合いました。

インターン生の佐々木君は、1か月がたち、ようやく自身で何をしていいのか
自分に課せられていることは何なのかを再確認することができました。
当初スタンドプレーをすることへの抵抗感がありましたが、周囲に確認をとっていくことで、勝手な行動ではなく主体的な行動に置き換えて行くことが重要かつ、必要なことであるとの認識を得られました。

研修だからと言って、受け身でいられないのがワカツクインターンシップの良いところ。
主体的にかかわっていくことで、楽しさが生まれて行きます。

今回はインターン生自身が、プロジェクトをよくする提案をしていく姿勢を持っていくことを約束し、主体的に行動することが大切だと気づいたミーティングになりました。

内藤勘太郎 インターンシップコーディネーター

プロフィール
京都生まれ、近畿大学理工学部卒。某加速器メーカーのエンジニアを10年経験したが飽きて、2013年よりワカツクへ。
内藤勘太郎

2014.11.1内藤勘太郎(インターンシップコーディネーター)

主体的な行動の大切さ。

fair_2015_spring_bn

みなさんこんにちは、ワカツクコーディネータの内藤です。 一般社団法人こはくでは、牡鹿の学びの場づくりプロジェクトが始まってから1か月が経過しました。こはくでは、フューチャーセンター機能を石巻に置くことで、地域の課題を持ち …

続きを読む>

2014.9.10

佐々木祥人

佐々木祥人 東北大学 経済学部 3年(当時)

こんにちは。インターン7期生、東北大学経済学部3年生の佐々木です。

「こはく」という一般社団法人で9月中旬から半年間、インターンシップをします。

僕が行うのは、牡鹿地域の「子供の学びの場」づくりのサポートです。

地域の方と話し合ったり、資金作りを考えたり、地域の方へのワークショップを企画したり、週2で宿泊したり…。
とても濃密な半年間になりそうですが、たとえ灰になっても燃え続けるレベルでがんばります!

20140910_1

佐々木祥人 東北大学 経済学部 3年(当時)

受入企業
一般社団法人こはく
企業HP
https://www.facebook.com/KazeshiJuanfc
プロジェクト概要
http://www.project-index.jp/intern/6843
佐々木祥人

2014.9.10佐々木祥人(東北大学 経済学部 3年(当時))

たとえ灰になっても…!

こんにちは。インターン7期生、東北大学経済学部3年生の佐々木です。 「こはく」という一般社団法人で9月中旬から半年間、インターンシップをします。 僕が行うのは、牡鹿地域の「子供の学びの場」づくりのサポートです。 地域の方 …

続きを読む>

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

PAGETOP
PAGETOP
mailfacebooktwitter

© 2015 WAKATSUKU All Rights Reserved.

© 2015 WAKATSUKU All Rights Reserved.
mailfacebooktwitter