あなたと地域の未来を創る
インターン生の日常
説明会に参加する

2019.1.23

寺尾まりえ

寺尾まりえ 

受入企業:

1月20日(日)に、実践型インターンに半年間挑戦したインターン生による「成果報告会」を行いました!

半年間のインターンを経て、ついにこの日が来たのか…としみじみ。 中間報告のインターン生も居ましたが、自身のこれまでの活動を振り返り参加者に伝える、ということで始まる前は若干緊張していました。

今回終了報告を行ったのは、小十郎プロジェクト株式会社の鈴木さん、株式会社ミヤックスの荻原さんの2人。

sh1

 

 

 

 

 

 

鈴木さんは、販路開拓のため営業活動を行いながらも、全く成約が取れなかった、と自身のぶつかった壁を振り返りました。その後、社長のアドバイスを受け視点を変えることで新しい売り先を見つけました。 インターンを終え、「苦しいことも多かったけど、私が一番伝えたいのは、このインターンは楽しかった、ということです!」と、笑顔で発表を締めくくってくれました。

sh2

 

 

 

 

 

 

荻原さんは、受入れ担当の高橋さんの経歴と、ゴールも学生と一緒に作っていくというスタンスに惹かれインターンに参加。 「最初は美味しそう(なプロジェクト)に見えたけど、フタをあけてみたら、苦かったです(笑)」と、簡単な道程ではなかったけれど、やって良かったと半年間のインターンを振り返りました。

sh3

 

 

 

 

 

 

修了証書を受け取った際に、鈴木さんの目からは涙が…!このインターンにかけた想いの強さを感じる瞬間でした。 中間報告の2人も、発表を通して、残りのインターン期間への想いを新たに。

sh4

 

 

 

 

 

 

受入企業だけでなく、参加を検討している学生や、キャリア教育に携わる教員の方、他地域のコーディネーターなど、様々な方にご参加頂きました。ありがとうございました!

(文・写真:ワカツクコーディネーター 寺尾)

寺尾まりえ 

受入企業
プロジェクト概要
寺尾まりえ

2019.1.23寺尾まりえ()

ワカツクインターンシップ 第14期 成果報告会

sh_eye

1月20日(日)に、実践型インターンに半年間挑戦したインターン生による「成果報告会」を行いました! 半年間のインターンを経て、ついにこの日が来たのか…としみじみ。 中間報告のインターン生も居ましたが、自身のこれまでの活動 …

続きを読む>

2018.10.22

安斎寛人

安斎寛人 

こんにちは!東北学院大学経営学部3年 安斎寛人です。
私は現在、「NPO法人ボランティアインフォ」でインターン生として活動しています。

私は「若者スポーツボランティアを100人集め、仙台を日本一のスポーツボランティアの街にする」というプロジェクトに取り組んでいます。

44548624_177641869811385_2850475287894818816_n
▲左がNPO法人ボランティアインフォの北村さん、右が私です。

私自身、ボランティア経験があっても「スポーツボランティア」には参加した事がありませんでした。したがって、最初の一ヶ月はスポーツボランティアを経験することを目標に活動していました。

・ツール・ド・東北
皆さんは「ツール・ド・東北」というイベントを知っていますか?
ツール・ド・東北とは東日本大震災の復興支援と震災の記憶を残していくことを目的とした自転車イベントです。私の最初の活動日はこのイベントをボランティアとして体験することでした。

私は受け入れ先の代表者の北村さんから午前3時30分に石巻集合という驚異的な集合時間を告げられました。 仙台から折立に行こうとして西道路でまた仙台に戻ってしまう絶望的な方向感覚を持つ私がまず、石巻に辿り着けるか不安でした。
しかし、最初の活動日とあって当日のやる気は十分にあり、新しい発見や出会いがあるのではないかと期待しながら石巻に向かっていました。その途中、三陸自動車道で白い靄が発生し、急に震えるほどの恐怖を感じました。
このままではあの集合時間に間に合わないので、明るい曲をかけようと思い、普段全く聞かないアイドルソングを流したところ、意外とイケました。
さっそく新しい発見をすることができました。

ツール・ド・東北は全国規模のイベントでスポンサーやゲストの有名人が数多く参加しています。また、ボランティアも全国から参加されている方が多く、普段会わない人と出会えたり、ヒアリングを通じて様々な考え方に触れることが出来ました。

今、取り組んでいることはボランティア体験会の企画や広報です。
どうやったら若者が参加してくれるのか、どういう体験会だったら楽しんでもらえるかなど日々試行錯誤しながら過ごしています。

私はインターンシップ中に心がけていることが一つあります。
それは120%で取り組むことです。与えられた業務をただこなすだけでは作業と同じでそこに見出される価値はほぼ無いと思っています。
私はインターンを通じて、常に+αの事を生み出せるように活動していきたいと思います。

image3

先日、ワカツクの代表である渡辺一馬さんと私の大学の先輩でもあるインターン卒業生の佐々木さん、同期の木皿さんと鈴木さんと飲み会に行きました。
お互いの進歩状況や悩みなどを打ち明けたり、佐々木さんの武勇伝を聞き、刺激を受けました。
とりあえず、とても楽しい会でした。

安斎寛人 

受入企業
NPO法人ボランティアインフォ
プロジェクト概要
安斎寛人

2018.10.22安斎寛人()

14期インターン生ブログvol.3‐NPO法人ボランティアインフォ

image3

こんにちは!東北学院大学経営学部3年 安斎寛人です。私は現在、「NPO法人ボランティアインフォ」でインターン生として活動しています。 私は「若者スポーツボランティアを100人集め、仙台を日本一のスポーツボランティアの街に …

続きを読む>

2017.11.27

杉山達郎

杉山達郎 東北学院大学 3年

はじめまして。ワカツクのインターンシップ生で、東北学院大学3年の杉山です。

今週末、12月3日に行われる「東北復興・創生プロジェクトフェア2018春」に向けて、日々活動しています。今回はフェア開催で重要な「集客」について紹介します。 集客といえば告知活動ですよね。大学の授業で告知を行って、多くの学生に実践型インターンシップの魅力を知ってもらい、フェアに参加してもらうことが、私の最近の活動です。

20171121-2

授業告知って、好き勝手にいつでもどこでもやっていいものではないので、事前に大学の先生へ挨拶に伺い、お時間をいただくのです。友人などに先生を紹介してもらったり、全く関わりのない先生に直撃訪問したりと、授業告知を確保するために先生巡りをしています。基本的には、1、2年生が履修している授業で告知させてもらっています。

20171121-3

貴重な授業時間の中で、いただける告知時間は5分ほど。初めは緊張で、本当に自分でも何を話しているのか分からないまま終わってしまいました。しかし、最近ではしっかりと実践型インターンシップの魅力を伝え、フェアの告知を行えるようになってきました。回数を重ねるごとに、少しは成長したのかもしれません。少しでも多く、学生の皆さんにフェアに参加していただけたら嬉しいなと思い、日々活動しています。

私のインターンのプロジェクトでは他の活動もしていますが、今回は「集客」についてでしたー。

杉山達郎 東北学院大学 3年

受入企業
一般社団法人ワカツク
企業HP
http://www.wakatsuku.jp/
プロジェクト概要
杉山達郎

2017.11.27杉山達郎(東北学院大学 3年)

実践型インターンの魅力を伝える「集客」

20171121-1

はじめまして。ワカツクのインターンシップ生で、東北学院大学3年の杉山です。 今週末、12月3日に行われる「東北復興・創生プロジェクトフェア2018春」に向けて、日々活動しています。今回はフェア開催で重要な「集客」について …

続きを読む>

2016.2.26

根本ひかり

根本ひかり 東北学院大学 法学部 2年

皆さんこんにちは!東北学院大学の根本ひかりです。
私は昨年の4月から11月まで、宮城県内の多くの公園に関わっている遊具会社・ミヤックスにおいて、『新たな公園整備のモデル構築』事業にインターン生として参加しました。

この事業は、身近にある「公園」という場所がその役割を十分に発揮することで、各地域で弱くなっている地域住民同士の絆を回復させられるのではないか、という考えから始まったものです。
もともと「インターンシップに挑戦し自分を変えたい!」と考えていた私は、せっかく挑戦するなら、大好きな公園で住みよい地域づくりを目指すこのプロジェクトがいい‼と強く思い、ミヤックスでのインターンシップに参加しました。
公園

私の活動は、主に事業の基礎をつくるための調査と、調査を基にした提案書作成でした。

調査の活動では、国内外のコミュニティスペースをつくる団体やその活動、今の公園が果たしている役割や、あそび場に対する実際の意見など、様々なことを調べました。
時間はかかる割になかなか調査が進まず、焦ることもありましたが、ミヤックスの高橋室長やワカツクコーディネータの佐々木さんと話し合うことで気持ちの整理をつけ、提案書につながる調査を十分に行うことができました。

提案書については、この事業について知らない人にも一から説明することを意識し、分かりやすさと見飽きないデザインを重視して作りました。
営業を行っている社員の皆さんからも意見を聞きブラッシュアップしながら作成しました。
提案書を基に実際に営業も行いましたが、営業先である民間企業と直接細かい内容について話し合うことはできずに終わってしまい、その点の後悔が残ります。
しかし半年間で、1つの事業モデルの基礎をつくることができました。
IMG_3526

4月からの半年間を振り返ると、長かったようであっという間なインターンシップでした。
ミヤックスでインターンしなければわからなかった、会社で働くために必要なスキルや責任を知り、自身を鍛えられたのではないかと思います。

インターンシップに参加した当初は、自分を変えたいと思っていました。
そして、インターンシップを終えて、自分の変えなくてはいけない部分がわかりました。
この半年間で自分としっかり向き合うことができたのだと感じています。

今後は地元の公務員試験の勉強をしながら、今関心のあること(まずは手話)に実際に挑戦していきたいと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
公園②

根本ひかり 東北学院大学 法学部 2年

受入企業
株式会社ミヤックス
企業HP
http://www.miyax.jp/
プロジェクト概要
http://www.project-index.jp/intern/8197
根本ひかり

2016.2.26根本ひかり(東北学院大学 法学部 2年)

自分と向き合った半年間

公園②

皆さんこんにちは!東北学院大学の根本ひかりです。 私は昨年の4月から11月まで、宮城県内の多くの公園に関わっている遊具会社・ミヤックスにおいて、『新たな公園整備のモデル構築』事業にインターン生として参加しました。 この事 …

続きを読む>

2015.12.25

行川美佳

行川美佳 東北学院大学 経済学部 3年

受入企業:仙台バス株式会社

東北学院大学3年の行川美佳です。

私がインターンをしていた仙台バス株式会社は貸切バスの業務のほか、自社企画の日帰りツアーを行っています。
その中の新しい試みである『より“地域のヒトに会いに行く”ということを重視したツアー』という事業で、私は企画営業を担当しプロジェクトを進めていきました。

しかし、期間中に企画した2本のツアーは最少催行人数に満たず中止となり、自分自身で目標としていた、ツアー催行という成果は得られませんでした。
「私はこのプロジェクトをこのように成功させ、この値からも分かるようこれだけ企業に貢献しました!」というのが、理想の修了報告だと思っていたので悔しさはあります。
しかし私がここで皆さんにお伝えしたいことは、この結果ではなく以下の気付きです。

このインターンを行った半年間で私は、自分自身の欠点と向き合うようになりました。
これまでも指摘はされていたが、(恥ずかしながら)変える必要がないと思っていたことを社員さんやコーディネーターの内藤さんにご指摘いただき、初めて「どうにかして変えたい」と思うようになりました。
その欠点というのは、自分の感情を状況によって相手に伝えるか否かを選んでいるということです。
もちろん大前提として、状況によって正しく判断をするというのは分かってはいるつもりですが「感情を人に見せる、言葉にする」というかなり当たり前のことが私は苦手でした。
ですから、今もこうやって言葉にして皆さんに見ていただいています。訓練中です。
12339401_1007097786013117_7325767276742589239_o

おそらくインターン生として、何か大きなプロジェクトを動かすという成果はあげられず、会社への影響はごくわずかなものだったと思います。
それでも私はいい意味で「あ~自分ってこんな人間だったんだな」と俯瞰することができた、本来の自分と向き合わされた半年間でした。

こんなインターン生もいるんだな、とこれから長期インターンに挑戦しようか考えている方のお役にたてれば嬉しいです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
12432612_426914194179223_228685211_o

行川美佳 東北学院大学 経済学部 3年

受入企業
仙台バス株式会社
企業HP
http://www.senbus.co.jp/
プロジェクト概要
http://www.project-index.jp/intern/6299
行川美佳

2015.12.25行川美佳(東北学院大学 経済学部 3年)

本来の自分と向き合わされた半年間

12432612_426914194179223_228685211_o

東北学院大学3年の行川美佳です。 私がインターンをしていた仙台バス株式会社は貸切バスの業務のほか、自社企画の日帰りツアーを行っています。 その中の新しい試みである『より“地域のヒトに会いに行く”ということを重視したツアー …

続きを読む>

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

PAGETOP
PAGETOP
mailfacebooktwitter

© 2015 WAKATSUKU All Rights Reserved.

© 2015 WAKATSUKU All Rights Reserved.
mailfacebooktwitter