あなたと地域の未来を創る
インターン生の日常
説明会に参加する

2019.4.23

小野紘貴

小野紘貴 東北学院大学 経営学部 4年

東北学院大学経営学部4年 小野紘貴です。 インターン生が2代続けて「コウキ」なのは何かの縁でしょうか。 2019年4月より、「学生団体と連携するコーディネーターに挑む」プロジェクトの4代目インターン生として活動しています。

ono

 

 

 

 

 

 

3年生の夏まで、東北学院大学公認団体「4-LEAVES」に所属し、七夕まつりの飾りを作ったり自主企画を開催したりしていました。

また、2018年2月には4-LEAVESの一員として、第1回「仙台若者アワード」最終審査プレゼンテーションに登壇しました。

▼第1回「仙台若者アワード」最終審査でのプレゼンテーションの様子 4l

 

 

 

 

 

 

インターンを始めるに至ったきっかけは3つ。

・サークルを引退した後も、違う形で地域と関わっていきたいと思ったから

・学生団体で活動した経験、仙台若者アワードに登壇した経験を何かに生かすことが出来ればと思ったから(僭越ながら…)

・地域の学生の活動をもっと盛り上げていきたいと思ったから(めっちゃ壮大じゃん…)

それらを実現させる手段として、本WEBサイトを運営したり、アワードを開催させたりなど、多方面からアプローチしていきたいと考えております。

ono_jizen

 

 

 

 

 

 

学生がもっと気軽に楽しく活動出来る街にするために、まずは私自身が楽しむことを忘れずに、インターンに取り組みたいと考えております。 難しく考えすぎず、気楽に頑張ります。

至らない点もあるかとは思いますが、よろしくお願い致します!

小野紘貴 東北学院大学 経営学部 4年

受入企業
一般社団法人ワカツク
企業HP
http://www.wakatsuku.jp/
プロジェクト概要
https://www.project-index.jp/intern/17859
小野紘貴

2019.4.23小野紘貴(東北学院大学 経営学部 4年)

4代目インターン生 活動開始!

ono_jizen

東北学院大学経営学部4年 小野紘貴です。 インターン生が2代続けて「コウキ」なのは何かの縁でしょうか。 2019年4月より、「学生団体と連携するコーディネーターに挑む」プロジェクトの4代目インターン生として活動しています …

続きを読む>

2019.1.23

寺尾まりえ

寺尾まりえ 

受入企業:

1月20日(日)に、実践型インターンに半年間挑戦したインターン生による「成果報告会」を行いました!

半年間のインターンを経て、ついにこの日が来たのか…としみじみ。 中間報告のインターン生も居ましたが、自身のこれまでの活動を振り返り参加者に伝える、ということで始まる前は若干緊張していました。

今回終了報告を行ったのは、小十郎プロジェクト株式会社の鈴木さん、株式会社ミヤックスの荻原さんの2人。

sh1

 

 

 

 

 

 

鈴木さんは、販路開拓のため営業活動を行いながらも、全く成約が取れなかった、と自身のぶつかった壁を振り返りました。その後、社長のアドバイスを受け視点を変えることで新しい売り先を見つけました。 インターンを終え、「苦しいことも多かったけど、私が一番伝えたいのは、このインターンは楽しかった、ということです!」と、笑顔で発表を締めくくってくれました。

sh2

 

 

 

 

 

 

荻原さんは、受入れ担当の高橋さんの経歴と、ゴールも学生と一緒に作っていくというスタンスに惹かれインターンに参加。 「最初は美味しそう(なプロジェクト)に見えたけど、フタをあけてみたら、苦かったです(笑)」と、簡単な道程ではなかったけれど、やって良かったと半年間のインターンを振り返りました。

sh3

 

 

 

 

 

 

修了証書を受け取った際に、鈴木さんの目からは涙が…!このインターンにかけた想いの強さを感じる瞬間でした。 中間報告の2人も、発表を通して、残りのインターン期間への想いを新たに。

sh4

 

 

 

 

 

 

受入企業だけでなく、参加を検討している学生や、キャリア教育に携わる教員の方、他地域のコーディネーターなど、様々な方にご参加頂きました。ありがとうございました!

(文・写真:ワカツクコーディネーター 寺尾)

寺尾まりえ 

受入企業
プロジェクト概要
寺尾まりえ

2019.1.23寺尾まりえ()

ワカツクインターンシップ 第14期 成果報告会

sh_eye

1月20日(日)に、実践型インターンに半年間挑戦したインターン生による「成果報告会」を行いました! 半年間のインターンを経て、ついにこの日が来たのか…としみじみ。 中間報告のインターン生も居ましたが、自身のこれまでの活動 …

続きを読む>

2018.11.9

木皿愛海

木皿愛海 

こんにちは。株式会社ゾウケイ社でインターンをしている木皿愛海です。
インターンも、開始から2ヶ月経ち、3ヶ月目に入ろうとしています。

インターンの詳細は前回のブログを見ていただくとして……、
現在は、キッチンカーの販売場所の確保、メニュー(商品)決めに取り組んでいます。

コッペパン専門店をやろうとなったものの、どんなメニューを? どんな人に? どのような形で? 喜んでもらうのかを考えると、悩みのドツボにはまっていく気がします。

私は、なんでも深く考えすぎてしまうので、この前社長からこの本を頂きました。

木皿さん本
▲不安の2割ほどは消えた気がします

それはさて置き、今インターンでは、イベントなどに頼らない、地方ならではのビジネスとして成り立たせるという目標があるので、販売場所探しも一筋縄ではいかないなあと感じています。

着目しているのは、高齢化が進むベッドタウンなど。移動する飲食店で、生活に張り合いを生み出せたらなあと思います。そのため、今は区役所の方にお話を聞いたりしています。

その他には、コッペパンを食べたり、自分で焼いてみたり。インターンでは、「大学生活では、自分からやらないな」ということに挑戦していけるので、面白いです。

残り約3カ月で成果を出せるように頑張っていきます!

木皿さんコッペパン
▲試しに自分でコッペパンを焼いてみたら、ぺしゃんこになりました

木皿さんコッペパン2

●もしこのブログを見ている方で、良さそうな販売場所を知っている方が居ましたら、
ご連絡ください!お願いします!
Eメール:amiloretta@gmail.com (木皿)

木皿愛海 

受入企業
株式会社ゾウケイ社
プロジェクト概要
木皿愛海

2018.11.9木皿愛海()

14期インターン生ブログvol.6‐株式会社ゾウケイ社

木皿さんコッペパン

こんにちは。株式会社ゾウケイ社でインターンをしている木皿愛海です。 インターンも、開始から2ヶ月経ち、3ヶ月目に入ろうとしています。 インターンの詳細は前回のブログを見ていただくとして……、 現在は、キッチンカーの販売場 …

続きを読む>

2018.10.22

安斎寛人

安斎寛人 

こんにちは!東北学院大学経営学部3年 安斎寛人です。
私は現在、「NPO法人ボランティアインフォ」でインターン生として活動しています。

私は「若者スポーツボランティアを100人集め、仙台を日本一のスポーツボランティアの街にする」というプロジェクトに取り組んでいます。

44548624_177641869811385_2850475287894818816_n
▲左がNPO法人ボランティアインフォの北村さん、右が私です。

私自身、ボランティア経験があっても「スポーツボランティア」には参加した事がありませんでした。したがって、最初の一ヶ月はスポーツボランティアを経験することを目標に活動していました。

・ツール・ド・東北
皆さんは「ツール・ド・東北」というイベントを知っていますか?
ツール・ド・東北とは東日本大震災の復興支援と震災の記憶を残していくことを目的とした自転車イベントです。私の最初の活動日はこのイベントをボランティアとして体験することでした。

私は受け入れ先の代表者の北村さんから午前3時30分に石巻集合という驚異的な集合時間を告げられました。 仙台から折立に行こうとして西道路でまた仙台に戻ってしまう絶望的な方向感覚を持つ私がまず、石巻に辿り着けるか不安でした。
しかし、最初の活動日とあって当日のやる気は十分にあり、新しい発見や出会いがあるのではないかと期待しながら石巻に向かっていました。その途中、三陸自動車道で白い靄が発生し、急に震えるほどの恐怖を感じました。
このままではあの集合時間に間に合わないので、明るい曲をかけようと思い、普段全く聞かないアイドルソングを流したところ、意外とイケました。
さっそく新しい発見をすることができました。

ツール・ド・東北は全国規模のイベントでスポンサーやゲストの有名人が数多く参加しています。また、ボランティアも全国から参加されている方が多く、普段会わない人と出会えたり、ヒアリングを通じて様々な考え方に触れることが出来ました。

今、取り組んでいることはボランティア体験会の企画や広報です。
どうやったら若者が参加してくれるのか、どういう体験会だったら楽しんでもらえるかなど日々試行錯誤しながら過ごしています。

私はインターンシップ中に心がけていることが一つあります。
それは120%で取り組むことです。与えられた業務をただこなすだけでは作業と同じでそこに見出される価値はほぼ無いと思っています。
私はインターンを通じて、常に+αの事を生み出せるように活動していきたいと思います。

image3

先日、ワカツクの代表である渡辺一馬さんと私の大学の先輩でもあるインターン卒業生の佐々木さん、同期の木皿さんと鈴木さんと飲み会に行きました。
お互いの進歩状況や悩みなどを打ち明けたり、佐々木さんの武勇伝を聞き、刺激を受けました。
とりあえず、とても楽しい会でした。

安斎寛人 

受入企業
NPO法人ボランティアインフォ
プロジェクト概要
安斎寛人

2018.10.22安斎寛人()

14期インターン生ブログvol.3‐NPO法人ボランティアインフォ

image3

こんにちは!東北学院大学経営学部3年 安斎寛人です。私は現在、「NPO法人ボランティアインフォ」でインターン生として活動しています。 私は「若者スポーツボランティアを100人集め、仙台を日本一のスポーツボランティアの街に …

続きを読む>

2018.10.12

木皿愛海

木皿愛海 

こんにちは。東北大学文学部4年の木皿愛海です。
私は現在、株式会社ゾウケイ社でインターンシップを行っています。

皆さんは、「キッチンカー」って見たことがありますか?
よくクレープやたこ焼きを販売しているアレです。

キッチンカー

インターンでは、そんなキッチンカーの繁盛店モデルを作るプロジェクトに取り組んでいます。
なぜキッチンカーなのか。その理由は大きく2つあります。
① 飲食店の新しい形である
② 地方の課題を解決できる可能性を持っている

キッチンカーが、移動をする飲食店だからこそ、固定の店舗に比べ、開業のリスクが少なくすみます。また、過疎化・高齢化の進んだ地域へ行き、お客様のニーズに応えられるなどということが可能になります。

そこから、キッチンカーという新しい業態が広まることで、様々な人の悩み(飲食店経営者・お客様共に)を解決できれば良いと考えます。

具体的に営業をするお店は、コッペパン専門店!
コッペパンの中に様々な具材を挟んで提供します。

コッペパン
▲コッペパンを色々見て勉強

2018年9月から始めて、1ヶ月が経ちました。マーケティングから実際の営業、広報まで全て任されています。

今取り組んでいる事は、お店のコンセプトやメニューの企画です。
先月行った市場調査やアンケートを元に、どんなコッペパン屋さんが良いのかを、企画書1枚にまとめています。

これまで、飲食店でアルバイトをしたこともなく、マーケティングに触れても来ませんでした。
なので漠然と、飲食店は、美味しい料理を出せばお客さんがたくさん来て繁盛すると思ってました。
でも違ったんです。接客やコンセプト、売り方など、経営することも、味以上に重要だったんです。

「当たり前じゃない」と思われる方も多いかと思いますが、そんな気づきを積み重ねながら、学んでいけたら良いと思います。

木皿さん

木皿愛海 

受入企業
株式会社ゾウケイ社
プロジェクト概要
木皿愛海

2018.10.12木皿愛海()

14期インターン生ブログvol.2‐株式会社ゾウケイ社

木皿さん

こんにちは。東北大学文学部4年の木皿愛海です。 私は現在、株式会社ゾウケイ社でインターンシップを行っています。 皆さんは、「キッチンカー」って見たことがありますか? よくクレープやたこ焼きを販売しているアレです。 インタ …

続きを読む>

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

PAGETOP
PAGETOP
mailfacebooktwitter

© 2015 WAKATSUKU All Rights Reserved.

© 2015 WAKATSUKU All Rights Reserved.
mailfacebooktwitter