あなたと地域の未来を創る
インターン生の日常
説明会に参加する

2019.1.23

寺尾まりえ

寺尾まりえ 

受入企業:

1月20日(日)に、実践型インターンに半年間挑戦したインターン生による「成果報告会」を行いました!

半年間のインターンを経て、ついにこの日が来たのか…としみじみ。 中間報告のインターン生も居ましたが、自身のこれまでの活動を振り返り参加者に伝える、ということで始まる前は若干緊張していました。

今回終了報告を行ったのは、小十郎プロジェクト株式会社の鈴木さん、株式会社ミヤックスの荻原さんの2人。

sh1

 

 

 

 

 

 

鈴木さんは、販路開拓のため営業活動を行いながらも、全く成約が取れなかった、と自身のぶつかった壁を振り返りました。その後、社長のアドバイスを受け視点を変えることで新しい売り先を見つけました。 インターンを終え、「苦しいことも多かったけど、私が一番伝えたいのは、このインターンは楽しかった、ということです!」と、笑顔で発表を締めくくってくれました。

sh2

 

 

 

 

 

 

荻原さんは、受入れ担当の高橋さんの経歴と、ゴールも学生と一緒に作っていくというスタンスに惹かれインターンに参加。 「最初は美味しそう(なプロジェクト)に見えたけど、フタをあけてみたら、苦かったです(笑)」と、簡単な道程ではなかったけれど、やって良かったと半年間のインターンを振り返りました。

sh3

 

 

 

 

 

 

修了証書を受け取った際に、鈴木さんの目からは涙が…!このインターンにかけた想いの強さを感じる瞬間でした。 中間報告の2人も、発表を通して、残りのインターン期間への想いを新たに。

sh4

 

 

 

 

 

 

受入企業だけでなく、参加を検討している学生や、キャリア教育に携わる教員の方、他地域のコーディネーターなど、様々な方にご参加頂きました。ありがとうございました!

(文・写真:ワカツクコーディネーター 寺尾)

寺尾まりえ 

受入企業
プロジェクト概要
寺尾まりえ

2019.1.23寺尾まりえ()

ワカツクインターンシップ 第14期 成果報告会

sh_eye

1月20日(日)に、実践型インターンに半年間挑戦したインターン生による「成果報告会」を行いました! 半年間のインターンを経て、ついにこの日が来たのか…としみじみ。 中間報告のインターン生も居ましたが、自身のこれまでの活動 …

続きを読む>

2018.11.9

木皿愛海

木皿愛海 

こんにちは。株式会社ゾウケイ社でインターンをしている木皿愛海です。
インターンも、開始から2ヶ月経ち、3ヶ月目に入ろうとしています。

インターンの詳細は前回のブログを見ていただくとして……、
現在は、キッチンカーの販売場所の確保、メニュー(商品)決めに取り組んでいます。

コッペパン専門店をやろうとなったものの、どんなメニューを? どんな人に? どのような形で? 喜んでもらうのかを考えると、悩みのドツボにはまっていく気がします。

私は、なんでも深く考えすぎてしまうので、この前社長からこの本を頂きました。

木皿さん本
▲不安の2割ほどは消えた気がします

それはさて置き、今インターンでは、イベントなどに頼らない、地方ならではのビジネスとして成り立たせるという目標があるので、販売場所探しも一筋縄ではいかないなあと感じています。

着目しているのは、高齢化が進むベッドタウンなど。移動する飲食店で、生活に張り合いを生み出せたらなあと思います。そのため、今は区役所の方にお話を聞いたりしています。

その他には、コッペパンを食べたり、自分で焼いてみたり。インターンでは、「大学生活では、自分からやらないな」ということに挑戦していけるので、面白いです。

残り約3カ月で成果を出せるように頑張っていきます!

木皿さんコッペパン
▲試しに自分でコッペパンを焼いてみたら、ぺしゃんこになりました

木皿さんコッペパン2

●もしこのブログを見ている方で、良さそうな販売場所を知っている方が居ましたら、
ご連絡ください!お願いします!
Eメール:amiloretta@gmail.com (木皿)

木皿愛海 

受入企業
株式会社ゾウケイ社
プロジェクト概要
木皿愛海

2018.11.9木皿愛海()

14期インターン生ブログvol.6‐株式会社ゾウケイ社

木皿さんコッペパン

こんにちは。株式会社ゾウケイ社でインターンをしている木皿愛海です。 インターンも、開始から2ヶ月経ち、3ヶ月目に入ろうとしています。 インターンの詳細は前回のブログを見ていただくとして……、 現在は、キッチンカーの販売場 …

続きを読む>

2018.10.12

木皿愛海

木皿愛海 

こんにちは。東北大学文学部4年の木皿愛海です。
私は現在、株式会社ゾウケイ社でインターンシップを行っています。

皆さんは、「キッチンカー」って見たことがありますか?
よくクレープやたこ焼きを販売しているアレです。

キッチンカー

インターンでは、そんなキッチンカーの繁盛店モデルを作るプロジェクトに取り組んでいます。
なぜキッチンカーなのか。その理由は大きく2つあります。
① 飲食店の新しい形である
② 地方の課題を解決できる可能性を持っている

キッチンカーが、移動をする飲食店だからこそ、固定の店舗に比べ、開業のリスクが少なくすみます。また、過疎化・高齢化の進んだ地域へ行き、お客様のニーズに応えられるなどということが可能になります。

そこから、キッチンカーという新しい業態が広まることで、様々な人の悩み(飲食店経営者・お客様共に)を解決できれば良いと考えます。

具体的に営業をするお店は、コッペパン専門店!
コッペパンの中に様々な具材を挟んで提供します。

コッペパン
▲コッペパンを色々見て勉強

2018年9月から始めて、1ヶ月が経ちました。マーケティングから実際の営業、広報まで全て任されています。

今取り組んでいる事は、お店のコンセプトやメニューの企画です。
先月行った市場調査やアンケートを元に、どんなコッペパン屋さんが良いのかを、企画書1枚にまとめています。

これまで、飲食店でアルバイトをしたこともなく、マーケティングに触れても来ませんでした。
なので漠然と、飲食店は、美味しい料理を出せばお客さんがたくさん来て繁盛すると思ってました。
でも違ったんです。接客やコンセプト、売り方など、経営することも、味以上に重要だったんです。

「当たり前じゃない」と思われる方も多いかと思いますが、そんな気づきを積み重ねながら、学んでいけたら良いと思います。

木皿さん

木皿愛海 

受入企業
株式会社ゾウケイ社
プロジェクト概要
木皿愛海

2018.10.12木皿愛海()

14期インターン生ブログvol.2‐株式会社ゾウケイ社

木皿さん

こんにちは。東北大学文学部4年の木皿愛海です。 私は現在、株式会社ゾウケイ社でインターンシップを行っています。 皆さんは、「キッチンカー」って見たことがありますか? よくクレープやたこ焼きを販売しているアレです。 インタ …

続きを読む>

2018.8.15

寺尾まりえ

寺尾まりえ 

受入企業:

8月9日、ワカツクの長期実践型インターンシップ・14期の事前研修が行われました!

午前中は、インターン生に向けた研修。14期生の顔合わせや、受入企業への貢献目標、自身の成長目標の再確認、ビジネスマナー研修などを行いました。

午後からは、受入企業の方々も参加しての合同研修。半年間の目標や、行動計画をお互いに話し合い、想いを新たにしました。

14thjizenkenshu1

 

 

 

 

 

 

 

14期生はなんと全員女の子!別々の企業での活動ではありますが、これから約半年間、インターンに挑む仲間です。
すぐに打ち解けて、研修中には、お互いの活動の中で「ここがコラボできそう!」なんてアイディアも出ていました!

14thjizenkenshu_ishida

 

 

 

 

 

 

 

▲石田さん(受入企業・株式会社オーテック)

 

14thjizenkenshu_suzuki

 

 

 

 

 

 

 

▲鈴木さん(受入企業・小十郎プロジェクト株式会社)

 

14thjizenkenshu_ogiwara

 

 

 

 

 

 

 

▲荻原さん(受入企業・株式会社ミヤックス)。

これからも、彼女たちの活動をFacebookやホームページでお伝えしていくので、応援よろしくお願いします!

文・写真:寺尾まりえ(ワカツク)

寺尾まりえ 

受入企業
プロジェクト概要
寺尾まりえ

2018.8.15寺尾まりえ()

インターンシップ事前研修(14期)

14thjizenkenshu

8月9日、ワカツクの長期実践型インターンシップ・14期の事前研修が行われました! 午前中は、インターン生に向けた研修。14期生の顔合わせや、受入企業への貢献目標、自身の成長目標の再確認、ビジネスマナー研修などを行いました …

続きを読む>

2018.2.17

山下航希

山下航希 東北大学 3年

残り1週間切りました、仙台若者アワード最終審査会

仙台ではせっかく多くの若者団体が意欲的に活動しているのに、いまいちスポットライトが当たっていない現状がある。まだまだ社会に広く知られていない。

そんな現状を打破しようと、生まれたのがこのプロジェクト。若者が主体的に行う優れた取り組みを表彰することで、より活動が知られるきっかけ・より活動に取り組みやすい環境を作ることを目的としています。

自身が大学祭を運営していた際にもこの現状には歯がゆさを感じることが多々あり、大きく共感したことから、インターン生として運営に携わっています。

wardshitami

△当日の会場を下見

インターン生としての活動は様々。全体の設計から、他の運営主体との打ち合わせ、広報資料の作成、参加者との連絡の取りまとめ。最終審査会場の設営計画。 社会人と数多くディスカッションする中で、自分が苦手とする部分が日々浮き彫りになりました。いや、浮きぼられました笑

  • チーム協働という特性もあり、タスクを日ごとに見える化して共有すること。
  • 一つ一つの施策は誰のため、どんな目的かを明らかにした上で取り組むこと。
  • 施策を次につなげるために、短期定量的な成果を測ること。
  • 自分が熱量だけで行動しがちなタイプであるため、いずれも苦手な作業ではありましたが、少しずつ身についてきたと感じます。

    awardpre

    △多くの団体と初めて出会った「説明会」

    また27もの団体にエントリーいただき、審査の過程で色んなお話ができたのは思い出です。 同世代の方たちが、色んな思いを持って社会貢献活動に取り組んでいる姿を目にできたこと。その感情を共有できたこと。尊敬の気持ちが半分。そして負けたくないなという気持ちが半分です(コドモ)。

    なにやら終わりのような文章になりましたが、【仙台若者アワード・最終審査会】は来週24日(土)!!きてね!!みんな見に来てね!!

    yamashita

    △いつも事務所でPCに向かっています

    ちなみに、「東北1000プロジェクト」というWEBメディアもあるらしいですよ(ステマ)。 こちらも素敵な若者団体がたくさんです。ぜひ読んで下さい。

    山下航希 東北大学 3年

    受入企業
    一般社団法人ワカツク
    企業HP
    http://www.tohoku1000.jp/
    プロジェクト概要
    山下航希

    2018.2.17山下航希(東北大学 3年)

    「仙台若者アワード」初開催を1週間後に控えて

    DSC_1291

    残り1週間切りました、仙台若者アワード最終審査会。 仙台ではせっかく多くの若者団体が意欲的に活動しているのに、いまいちスポットライトが当たっていない現状がある。まだまだ社会に広く知られていない。 そんな現状を打破しようと …

    続きを読む>

    最新記事

    カテゴリ

    アーカイブ

    PAGETOP
    PAGETOP
    mailfacebooktwitter

    © 2015 WAKATSUKU All Rights Reserved.

    © 2015 WAKATSUKU All Rights Reserved.
    mailfacebooktwitter