あなたと地域の未来を創る
インターン生の日常
説明会に参加する

2016.3.23

小山美穂

小山美穂 東北芸術工科大学 芸術学部 2年

こんにちは!
株式会社 建築工房 零 インターン生の小山美穂です。
10月から始めたインターン活動が、いよいよ終盤に差し掛かって参りました。

私は山形にある大学に通っています。授業がガッチリ組まれていることにも関わらず、「何とかなるだろう。」という軽い気持ちで始めたインターンシップ。
火曜日から金曜日までは山形の大学へ通い、土曜日から月曜日までは零に出勤するという、何とも不思議な生活サイクルをこなしていました。
疲労が溜まり体調を崩してしまうことや、スケジュールの管理が上手く出来ず、学校やインターン活動に支障をきたしてしまうこともしばしばありました。
しかし、そのような生活を送っていたからこそ、学校とインターン活動の双方にメリハリを付けることが出来たのだと思います。少しずつではありますが、インターン活動を始める前と比べ、時間を有効に使えるようになりました。

また、インターン活動を通して感じたことがあります。
それは、学校では出来ない体験をさせていただいている、ということです。

学校は主に学問を通し、主体的に学ぶ場ではないでしょうか。しかし、インターン活動では、状況や環境に応じた問題点を見つけ出し、それらに応じた改善策を提示しなければなりません。そこで客観的に物事を捉え、多角的な視点から考慮した改善策を練りだす必要があります。
私は、インターン活動を通じて改善策どころか問題点さえ見出せず、挫折したことが多々ありました。
しかしこのような考え方は、実際にインターン活動を行わなければ身に付かなかったと思います。身に付いたことで、今後様々な状況で活かすことが出来るでしょう。

上記に述べたような体験、経験をさせていただいた株式会社 建築工房 零の皆さんには感謝してもしきれません!

皆さんも、是非新しい一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

長々とお読みいただきありがとうございました!

160322_oyama1
▲ゼロ村のイベント時に集まった大学生の皆さんと集合写真!

160322_oyama2
▲零の男性社員さん一堂にいただいたホワイトデーのお返しと共に写るインターン生とゼロ村カフェの社員さん

小山美穂 東北芸術工科大学 芸術学部 2年

受入企業
株式会社建築工房零
企業HP
http://www.zerocraft.com/
プロジェクト概要
小山美穂

2016.3.23小山美穂(東北芸術工科大学 芸術学部 2年)

学校ではできない経験・両立することで得られたもの

160322_oyama2

こんにちは! 株式会社 建築工房 零 インターン生の小山美穂です。 10月から始めたインターン活動が、いよいよ終盤に差し掛かって参りました。 私は山形にある大学に通っています。授業がガッチリ組まれていることにも関わらず、 …

続きを読む>

2016.3.22

清野若菜

清野若菜 東北大学 工学部 2年

こんにちは。建築工房零インターン生の清野若菜です。
私の投稿もこれで3回目になります。そして、10月から始まったインターン期間も残りわずかとなりました。
こうして振り返って考えてみると、長いようで短かったように感じます。
終わりが見えてくると、しみじみと寂しさがこみ上げてきますね・・・。

まだまだ私のインターンの目標完遂までは道半ばですが、これまでのインターンシップ生活を振り返るにあたり、今回はインターンを通して出会った方々についてまとめようと思います。

①零の社員さん
前回の記事でも書きましたが、零の社員さんはとても個性豊かで、そして親切な方々ばかりです。
SV(スーパーバイザー)の阿部さんを始め、私は本当に多くの社員さんの協力をいただきながら、助けてもらいながら活動することができています。
具体的には、事務所の1階のゼロ村市場のレイアウト変更は、阿部さんや企画広報の菊地マネージャー、翼さんを始め、ゼロ村市場清掃美化担当の社員さんのご協力があって、大きく前進しました。現在絶賛進行中です。

また、零の家づくりをより多くの人に知ってもらうことを目的とした、「零の家間取りBOOK」の製作では、零の家の設計者の方々に自信が描いた手書きプラン図を選んでいただき、それにまつわる住まい手さんとのストーリーなどを教えていただきながら進めました。
こちらはゼロ村カフェのメニューブックの巻末になっているので、興味のある人はぜひゼロ村市場にいらして、見てみてくださいね。
また最近では、ゼロ村市場内で不動産の紹介展示を行うにあたり、不動産事業部の社員さんと協力して進めています。先日は土地の現地調査に行かせていただき、学校までの所要時間を実際に歩いて確認してみたり、近隣の住民の方にお話が聞いたりと、貴重な経験ができました。
160322_seino1
▲不動産の土地現地調査に行った際の様子

②カフェの店員さん
ゼロ村市場の中にあるゼロ村カフェは、有限会社アールさんが営業しています。
社員のかれんちゃんとは歳が近いこともあり、この半年で仲良くなりました。
社会人1年目でしっかり仕事をこなすかれんちゃんを見て、自分も頑張らなくてはといつも元気をもらいます。

また、カフェのパートの主婦の方々は子育てをしながら働いており、家だけではなく料理の腕や知恵を仕事でも発揮していて、とても尊敬します。
ゼロ村カフェの主婦の方々が作るランチやスイーツは、ヘルシーで体に優しい味わいです。
メニューと間取りBOOKを入れるファイルを選ぶ際には、カフェのパートさんと意見を出し合いながら決めました。

③零、ゼロ村市場にゆかりのある方々
零には、会社の理念に共感し、つながりのある方々がたくさんいらっしゃいます。
有機農業を営む村岡農園の村岡さんや、市民活動に積極的に行っている主婦の砂子さん、エネシフみやぎの方々など、私もこのインターンを通して様々な方と出会いました。
その方々は皆、「化石燃料・原発に頼らない暮らし」「安心・安全な衣食住」など、社会に存在する問題に対し、きちんと行動で示そうとしていて、その姿に私は尊敬します。そして、その方々の行動が、私がこれから社会に対しどのように行動しようか、アプローチしようかという考えの参考になるなと考えています。
また、砂子さんとのつながりで、先日ゼロ村市場で開催された「ブレイクタイム・ライブ」では、仙台を拠点に活動されている伊藤洋平さんと東京のあざらしさんというアーティストと出会うことができました。
160322_seino2
▲ブレイクタイム・ライブの際に伊藤洋平さん、あざらしさんと。

最後に、私はインターンを通して、新たな挑戦には必ず新たな出会いがあるということに気づきました。
そしてその出会いは、必ず自分の成長に、そして自分の将来につながると思っています。
あと残りわずか。悔いのないよう、最後まで精一杯走り切ります。

清野若菜 東北大学 工学部 2年

受入企業
株式会社建築工房零
企業HP
http://www.zerocraft.com/index.html
プロジェクト概要
清野若菜

2016.3.22清野若菜(東北大学 工学部 2年)

インターンで出会った人たち

160322_seino2

こんにちは。建築工房零インターン生の清野若菜です。 私の投稿もこれで3回目になります。そして、10月から始まったインターン期間も残りわずかとなりました。 こうして振り返って考えてみると、長いようで短かったように感じます。 …

続きを読む>

2016.2.16

横室友梨奈

横室友梨奈 東北大学 経済学部 1年

こんにちは!菅誠建設工業でインターンをしている東北大学経済学部1年の横室友梨奈です。
インターン期間もあと2か月だと思うと、半年というのもあっという間のように感じます。

私が取り組んでいるのは「杜の都のハウスシェフ」事業構築プロジェクトといいます。
「杜の都のハウスシェフ」事業とは、「リノベーションを通じて仙台を活気あふれる街にしていこう!」という目的で立ち上がった事業です。
私はこの事業を先輩方から引き継ぎ、展開していくための土台作りをしてきました。
もう少し具体的にいうと、女性専用シェアハウス「TOMIRIE HOUSE」の運営と入居者募集、そして次なるシェアハウス「明神横荘」の物件獲得から、入居者を募集できる段階にまで持っていくという仕事をしています。

私が特にやりがいを感じているのは、やはり新しいシェアハウス「明神横荘」をつくることです。
自分で悩みながらもコンセプトやターゲットを考え、オーナー様に提示させていただいたのですが、私の提案にとても共感していただいて「ぜひスガセーでシェアハウスをしてもらいたい!」と言っていただけたときは、本当にうれしかったです。
自分の考えたことが形になること、そしてできたシェアハウスに実際に人が住んで、仙台に後々残っていくことを考えると、とても誇らしく、「あぁ、スガセーでインターンをやっていてよかったなあ」と感じる瞬間でした。
12715656_876228862495222_6729264846604766386_n
▲「明神横荘」には囲炉裏ができます!

スガセーでは、社長がインターン生にやりたいことをやらせてくれます。
「杜の都のハウスシェフ」事業を担う責任は重いですが、その分やりがいはあります。
ぜひ成長したい!社長の右腕として働いてみたい!という方におすすめです!笑

スガセーでは、現在私の後を引き継いで活動してくれるインターン生を募集しています。
http://www.project-index.jp/intern/11221
次期のインターンシップ生に取り組んでもらいたいことは、主に二つのシェアハウスの運営および入居者募集、新規案件獲得のための営業、そして広報などです。
どれもやりがいがあり、一筋縄ではいかない仕事ばかりです!
しかし心配せずとも大丈夫!社長や、アドバイザー、そしてインターンの先輩方…チームスガセーがあなたを支えます(*^^*)
一緒に仙台をわくわくする魅力的な街にしていきましょう!
12512539_865022496949192_914211486305558365_n

横室友梨奈 東北大学 経済学部 1年

受入企業
株式会社菅誠建設工業
企業HP
http://www.sugasei.com/
プロジェクト概要
http://www.project-index.jp/intern/8154
横室友梨奈

2016.2.16横室友梨奈(東北大学 経済学部 1年)

「インターンをやっていてよかったなあ」と感じる瞬間

12715656_876228862495222_6729264846604766386_n

こんにちは!菅誠建設工業でインターンをしている東北大学経済学部1年の横室友梨奈です。 インターン期間もあと2か月だと思うと、半年というのもあっという間のように感じます。 私が取り組んでいるのは「杜の都のハウスシェフ」事業 …

続きを読む>

2016.2.4

西岳大

西岳大 東北大学 経済学部 2年

こんにちは。株式会社東北農都共生総合研究所でインターンをしている東北大学経済学部2年の西岳大です。
インターンシップも残すところ2ヶ月となり終盤に差し掛かってきました。

東北農都総研では、六次産業化というテーマのもと、一次産業従事者の方々の支援による地域活性化を目指しています。
私は今回、漁業者の方と鶏卵農家の方の支援を行っています。

漁業者の方の支援では「営業ができ、地域の魅力を伝えることができる漁業者の創出」というプロジェクトの基、活動しています。
私が営業活動のトライアルを行い、そこでの成功や失敗体験、営業の手法などをまとめマニュアルとして渡すことで、漁業者の方が実際に営業を行えるようになるところまで持っていきます。
また、地域に眠る資源(食文化や風習など)を調査し、伝えることにより、漁業者の方が第三者にその魅力を伝えることができるようにするのも私の仕事です。

卵農家の方の支援では「情報発信力などの経営基盤の構築」というプロジェクトの基、活動しています。
こちらは、既存顧客の名簿化やチラシ作りのノウハウをマニュアルにする形で、今後の経営に役立つようなお手伝いをしています。

堅苦しい説明になってしまいましたが、ここでインターン活動における面白さや、やりがいなどを紹介していきたいと思います。

  • 多種多様な業種の社会人の方からお話を聞くことができる。
    大学で過ごしていると、そこには学生だけの世界があり、社会人の方と接する機会は多くありません。
    ワカツクのインターンではアルバイトとしてではなく、社員に限りなく近い形で活動することができます。
    それは同時に多くの社会人の方と接する機会でもあり、いろんな価値観や考え方に触れることができるので、自分の視野が広がります。
  • おいしいものを食べることができる。
    一次産業従事者の支援という特性上、食材に触れる機会が多いです。そのため、食材を頂き、また試食することもあります。
    もちろんこれも仕事の内なので、他の製品と何が違うか、どこを改善するべきかなど考えながら食べます。
  • 多くの仕事を経験することができる。
    文章作成などのデスクワークは勿論、電話でアポイントを取っての営業活動や、展示会でのブースの設置案の企画など多くの仕事を体験することができます。多種多様な業務を経験することにより、自分自身の実力の向上につながります。
    160205_nishi

    大学のテストも終了し、春休みのインターンシップが始まりました。
    時間に余裕が持てる分、プロジェクトの完遂に向けてやり残したこと、やらなければならないことを達成していきたいと思います。
  • 西岳大 東北大学 経済学部 2年

    受入企業
    株式会社東北農都共生総合研究所
    企業HP
    http://tohoku-noto.co.jp/index.html
    プロジェクト概要
    西岳大

    2016.2.4西岳大(東北大学 経済学部 2年)

    インターンの面白さ、やりがいとは?

    160205_nishi

    こんにちは。株式会社東北農都共生総合研究所でインターンをしている東北大学経済学部2年の西岳大です。 インターンシップも残すところ2ヶ月となり終盤に差し掛かってきました。 東北農都総研では、六次産業化というテーマのもと、一 …

    続きを読む>

    2015.12.31

    高山育実

    高山育実 東北大学 経済学部 3年

    受入企業:株式会社イエムラ

    こんにちは!東北大学経済学部3年の高山育実です。
    今年の9月から、株式会社イエムラでインターンしております。

    ドア・サッシなどのステンレス製品製造業の会社で私が何をしているかというと、新商品開発です。
    建設市場に左右されない新たな経営の柱を立てようということで、プロジェクトが立ち上がりました。
    ちなみにこのインターンのプログラムは、ゴールドマン・サックスの中小企業経営革新プログラムに採択され、支援を受けています。
    2月中旬には六本木本社での最終報告会を控えており、なんとか恥ずかしくない結果を残そうと日々もがいています。

    4ヶ月のインターン活動を経て、新商品開発プロジェクトに対する思い入れがますます強まっている今日この頃です。

    ここで、一つお知らせです。
    4月からの市場投入に向けて、新たに学生プロジェクトメンバーを募集します!
    http://www.project-index.jp/intern/11023
    ということで、この場をお借りしてプロジェクトの魅力をお伝えしたいと思います。

    【このプロジェクトの面白さ】
    私は経済学部経営学科に所属しており、経営やマーケティングに興味があったので、実際に現場で体感できるのが私にとっては非常に魅力的でした。
    大学の講義で学ぶ内容が現実に展開されるのを目の当たりにします。
    逆に教科書通りにはいかないこともあって、面白いです。
    ただ見ているのではなく、社長と同じ目線で切り開いていく体験は、他の学生と大きく差がつく経験となります。

    家村社長は経営大学院に通っており、その学びを実際の経営で実践しています。
    かなりパワフルで、社長の周りの人も熱い人たちばかりです。
    自分が頑張った分だけ、周りの大人が応援してくれるのがとても励みになります。
    また、私も将来こんな人になりたい、こんなことがしたい、という目標が見えてきます。
    やりたいことがないと悩んでいる人にもおすすめです。

    【このページを見ている方へメッセージ】
    一度飛び込んでみると、また新しい世界に飛び込むのが楽しくなってきます。
    だからぜひ、一歩踏み込んでみてほしいです。
    経験値、つながる人、見える世界が格段に広がります。
    周りの人とはひと味もふた味も違う、特別な経験をしたい人におすすめします。
    最高の仲間たちが、あなたをお待ちしています。私も最高のバトンを渡せるように最後まで頑張ります!
    2015-10-27 15.20.35 (1)

    高山育実 東北大学 経済学部 3年

    受入企業
    株式会社イエムラ
    企業HP
    https://ja-jp.facebook.com/sus.iemura
    プロジェクト概要
    http://www.project-index.jp/intern/8369
    高山育実

    2015.12.31高山育実(東北大学 経済学部 3年)

    実際に現場で体感できるおもしろさ

    2015-10-27 15.20.35 (1)

    こんにちは!東北大学経済学部3年の高山育実です。 今年の9月から、株式会社イエムラでインターンしております。 ドア・サッシなどのステンレス製品製造業の会社で私が何をしているかというと、新商品開発です。 建設市場に左右され …

    続きを読む>

    最新記事

    カテゴリ

    アーカイブ

    PAGETOP
    PAGETOP
    mailfacebooktwitter

    © 2015 WAKATSUKU All Rights Reserved.

    © 2015 WAKATSUKU All Rights Reserved.
    mailfacebooktwitter