あなたと地域の未来を創る
インターン生の日常
説明会に参加する

2019.3.8

名取市観光物産協会19春インターン生

名取市観光物産協会19春インターン生 

2月18日より始まった1か月のインターン。
一般社団法人 名取市観光物産協会では、閖上の魅力を発信するためのSNSでの発信と、観光物産協会のみなさんがより情報発信しやすくなるためのテンプレートの作成を行っています。

2月27日より、4月オープン予定の商業施設「かわまちてらす閖上」に出店する地元の方々に、インタビューを開始しました。

52470637_360888474638241_2538860833451016192_n

インタビューする経験、ここでしかできない経験をたくさんさせていただけてありがたく思いました。インタビューする時に、事前に調べた内容を話すと、話者の方がちょっと嬉しそうに深い話をしてくれたので、インタビューに対して感触を少し感じられました。(山嵜)

インタビュー内容を考えてからの調査だったが、手順が悪かったり簡潔に問えていなかったりしました。次回はもっとスムーズな受け答えができるよう準備したいです。(原田)

名取市観光物産協会19春インターン生 

受入企業
一般社団法人 名取市観光物産協会
企業HP
http://www.kankou.natori.miyagi.jp/
プロジェクト概要
https://www.project-index.jp/intern/17081
名取市観光物産協会19春インターン生

2019.3.8名取市観光物産協会19春インターン生()

閖上の魅力を発信するため、取材開始!

kanko-bussan

2月18日より始まった1か月のインターン。 一般社団法人 名取市観光物産協会では、閖上の魅力を発信するためのSNSでの発信と、観光物産協会のみなさんがより情報発信しやすくなるためのテンプレートの作成を行っています。 2月 …

続きを読む>

2018.11.9

木皿愛海

木皿愛海 

こんにちは。株式会社ゾウケイ社でインターンをしている木皿愛海です。
インターンも、開始から2ヶ月経ち、3ヶ月目に入ろうとしています。

インターンの詳細は前回のブログを見ていただくとして……、
現在は、キッチンカーの販売場所の確保、メニュー(商品)決めに取り組んでいます。

コッペパン専門店をやろうとなったものの、どんなメニューを? どんな人に? どのような形で? 喜んでもらうのかを考えると、悩みのドツボにはまっていく気がします。

私は、なんでも深く考えすぎてしまうので、この前社長からこの本を頂きました。

木皿さん本
▲不安の2割ほどは消えた気がします

それはさて置き、今インターンでは、イベントなどに頼らない、地方ならではのビジネスとして成り立たせるという目標があるので、販売場所探しも一筋縄ではいかないなあと感じています。

着目しているのは、高齢化が進むベッドタウンなど。移動する飲食店で、生活に張り合いを生み出せたらなあと思います。そのため、今は区役所の方にお話を聞いたりしています。

その他には、コッペパンを食べたり、自分で焼いてみたり。インターンでは、「大学生活では、自分からやらないな」ということに挑戦していけるので、面白いです。

残り約3カ月で成果を出せるように頑張っていきます!

木皿さんコッペパン
▲試しに自分でコッペパンを焼いてみたら、ぺしゃんこになりました

木皿さんコッペパン2

●もしこのブログを見ている方で、良さそうな販売場所を知っている方が居ましたら、
ご連絡ください!お願いします!
Eメール:amiloretta@gmail.com (木皿)

木皿愛海 

受入企業
株式会社ゾウケイ社
プロジェクト概要
木皿愛海

2018.11.9木皿愛海()

14期インターン生ブログvol.6‐株式会社ゾウケイ社

木皿さんコッペパン

こんにちは。株式会社ゾウケイ社でインターンをしている木皿愛海です。 インターンも、開始から2ヶ月経ち、3ヶ月目に入ろうとしています。 インターンの詳細は前回のブログを見ていただくとして……、 現在は、キッチンカーの販売場 …

続きを読む>

2018.10.22

安斎寛人

安斎寛人 

こんにちは!東北学院大学経営学部3年 安斎寛人です。
私は現在、「NPO法人ボランティアインフォ」でインターン生として活動しています。

私は「若者スポーツボランティアを100人集め、仙台を日本一のスポーツボランティアの街にする」というプロジェクトに取り組んでいます。

44548624_177641869811385_2850475287894818816_n
▲左がNPO法人ボランティアインフォの北村さん、右が私です。

私自身、ボランティア経験があっても「スポーツボランティア」には参加した事がありませんでした。したがって、最初の一ヶ月はスポーツボランティアを経験することを目標に活動していました。

・ツール・ド・東北
皆さんは「ツール・ド・東北」というイベントを知っていますか?
ツール・ド・東北とは東日本大震災の復興支援と震災の記憶を残していくことを目的とした自転車イベントです。私の最初の活動日はこのイベントをボランティアとして体験することでした。

私は受け入れ先の代表者の北村さんから午前3時30分に石巻集合という驚異的な集合時間を告げられました。 仙台から折立に行こうとして西道路でまた仙台に戻ってしまう絶望的な方向感覚を持つ私がまず、石巻に辿り着けるか不安でした。
しかし、最初の活動日とあって当日のやる気は十分にあり、新しい発見や出会いがあるのではないかと期待しながら石巻に向かっていました。その途中、三陸自動車道で白い靄が発生し、急に震えるほどの恐怖を感じました。
このままではあの集合時間に間に合わないので、明るい曲をかけようと思い、普段全く聞かないアイドルソングを流したところ、意外とイケました。
さっそく新しい発見をすることができました。

ツール・ド・東北は全国規模のイベントでスポンサーやゲストの有名人が数多く参加しています。また、ボランティアも全国から参加されている方が多く、普段会わない人と出会えたり、ヒアリングを通じて様々な考え方に触れることが出来ました。

今、取り組んでいることはボランティア体験会の企画や広報です。
どうやったら若者が参加してくれるのか、どういう体験会だったら楽しんでもらえるかなど日々試行錯誤しながら過ごしています。

私はインターンシップ中に心がけていることが一つあります。
それは120%で取り組むことです。与えられた業務をただこなすだけでは作業と同じでそこに見出される価値はほぼ無いと思っています。
私はインターンを通じて、常に+αの事を生み出せるように活動していきたいと思います。

image3

先日、ワカツクの代表である渡辺一馬さんと私の大学の先輩でもあるインターン卒業生の佐々木さん、同期の木皿さんと鈴木さんと飲み会に行きました。
お互いの進歩状況や悩みなどを打ち明けたり、佐々木さんの武勇伝を聞き、刺激を受けました。
とりあえず、とても楽しい会でした。

安斎寛人 

受入企業
NPO法人ボランティアインフォ
プロジェクト概要
安斎寛人

2018.10.22安斎寛人()

14期インターン生ブログvol.3‐NPO法人ボランティアインフォ

image3

こんにちは!東北学院大学経営学部3年 安斎寛人です。私は現在、「NPO法人ボランティアインフォ」でインターン生として活動しています。 私は「若者スポーツボランティアを100人集め、仙台を日本一のスポーツボランティアの街に …

続きを読む>

2017.11.27

杉山達郎

杉山達郎 東北学院大学 3年

はじめまして。ワカツクのインターンシップ生で、東北学院大学3年の杉山です。

今週末、12月3日に行われる「東北復興・創生プロジェクトフェア2018春」に向けて、日々活動しています。今回はフェア開催で重要な「集客」について紹介します。 集客といえば告知活動ですよね。大学の授業で告知を行って、多くの学生に実践型インターンシップの魅力を知ってもらい、フェアに参加してもらうことが、私の最近の活動です。

20171121-2

授業告知って、好き勝手にいつでもどこでもやっていいものではないので、事前に大学の先生へ挨拶に伺い、お時間をいただくのです。友人などに先生を紹介してもらったり、全く関わりのない先生に直撃訪問したりと、授業告知を確保するために先生巡りをしています。基本的には、1、2年生が履修している授業で告知させてもらっています。

20171121-3

貴重な授業時間の中で、いただける告知時間は5分ほど。初めは緊張で、本当に自分でも何を話しているのか分からないまま終わってしまいました。しかし、最近ではしっかりと実践型インターンシップの魅力を伝え、フェアの告知を行えるようになってきました。回数を重ねるごとに、少しは成長したのかもしれません。少しでも多く、学生の皆さんにフェアに参加していただけたら嬉しいなと思い、日々活動しています。

私のインターンのプロジェクトでは他の活動もしていますが、今回は「集客」についてでしたー。

杉山達郎 東北学院大学 3年

受入企業
一般社団法人ワカツク
企業HP
http://www.wakatsuku.jp/
プロジェクト概要
杉山達郎

2017.11.27杉山達郎(東北学院大学 3年)

実践型インターンの魅力を伝える「集客」

20171121-1

はじめまして。ワカツクのインターンシップ生で、東北学院大学3年の杉山です。 今週末、12月3日に行われる「東北復興・創生プロジェクトフェア2018春」に向けて、日々活動しています。今回はフェア開催で重要な「集客」について …

続きを読む>

2016.3.23

小山美穂

小山美穂 東北芸術工科大学 芸術学部 2年

こんにちは!
株式会社 建築工房 零 インターン生の小山美穂です。
10月から始めたインターン活動が、いよいよ終盤に差し掛かって参りました。

私は山形にある大学に通っています。授業がガッチリ組まれていることにも関わらず、「何とかなるだろう。」という軽い気持ちで始めたインターンシップ。
火曜日から金曜日までは山形の大学へ通い、土曜日から月曜日までは零に出勤するという、何とも不思議な生活サイクルをこなしていました。
疲労が溜まり体調を崩してしまうことや、スケジュールの管理が上手く出来ず、学校やインターン活動に支障をきたしてしまうこともしばしばありました。
しかし、そのような生活を送っていたからこそ、学校とインターン活動の双方にメリハリを付けることが出来たのだと思います。少しずつではありますが、インターン活動を始める前と比べ、時間を有効に使えるようになりました。

また、インターン活動を通して感じたことがあります。
それは、学校では出来ない体験をさせていただいている、ということです。

学校は主に学問を通し、主体的に学ぶ場ではないでしょうか。しかし、インターン活動では、状況や環境に応じた問題点を見つけ出し、それらに応じた改善策を提示しなければなりません。そこで客観的に物事を捉え、多角的な視点から考慮した改善策を練りだす必要があります。
私は、インターン活動を通じて改善策どころか問題点さえ見出せず、挫折したことが多々ありました。
しかしこのような考え方は、実際にインターン活動を行わなければ身に付かなかったと思います。身に付いたことで、今後様々な状況で活かすことが出来るでしょう。

上記に述べたような体験、経験をさせていただいた株式会社 建築工房 零の皆さんには感謝してもしきれません!

皆さんも、是非新しい一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

長々とお読みいただきありがとうございました!

160322_oyama1
▲ゼロ村のイベント時に集まった大学生の皆さんと集合写真!

160322_oyama2
▲零の男性社員さん一堂にいただいたホワイトデーのお返しと共に写るインターン生とゼロ村カフェの社員さん

小山美穂 東北芸術工科大学 芸術学部 2年

受入企業
株式会社建築工房零
企業HP
http://www.zerocraft.com/
プロジェクト概要
小山美穂

2016.3.23小山美穂(東北芸術工科大学 芸術学部 2年)

学校ではできない経験・両立することで得られたもの

160322_oyama2

こんにちは! 株式会社 建築工房 零 インターン生の小山美穂です。 10月から始めたインターン活動が、いよいよ終盤に差し掛かって参りました。 私は山形にある大学に通っています。授業がガッチリ組まれていることにも関わらず、 …

続きを読む>

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

PAGETOP
PAGETOP
mailfacebooktwitter

© 2015 WAKATSUKU All Rights Reserved.

© 2015 WAKATSUKU All Rights Reserved.
mailfacebooktwitter