あなたと地域の未来を創る
インターン生の日常
説明会に参加する

2018.10.5

須田芽未

須田芽未 

2018年8月27日~31日にかけての5日間、ワカツクでインターンを行っていた須田芽未さん(宮城大学食産学部2年)が、半年間の長期実践型インターンに挑むワカツクインターン生にインタビューを行い、記事にまとめたものです。

小十郎プロジェクト株式会社-鈴木奈々保さん

小十郎プロジェクト株式会社インターン生の鈴木さんに、現在参加している長期実践型インターンに関してインタビューしてきた。
鈴木さんは宮城学院女子大学の4年生で、普段は国際文化を学んでいる。 インターンのプロジェクト内容は、新商品“煮干そば”の企業向け販路開拓だ。

〇鈴木さんがインターンに参加した理由
まず初めに長期実践型インターンへの参加理由を尋ねた。

    ・以前他の短期インターンに参加した際、周りの学生と比べて言われたこと以上のことができず、他にもこのままでは社会に出られないと様々な場面で危機感を覚えた
    ・社会に出てちゃんと勉強してみたい
    ・本当の自分の夢は何だろうか
    ・短期インターンでは得られることがほぼなかった

またワカツクを選んだ理由としては、東京でしかできないと思っていた長期インターンが地元・仙台でも挑戦できると知り、それに驚き参加を決意したという。

Image_95de920

〇鈴木さんの現在の活動について
鈴木さんは現在、週に3回程度、9時から18時でフルタイムで出勤している。
午前中には主に内勤を行い、商談会や展示会について調査している。商談会などを調べているのは商品を広める機会を探し、煮干そばの知名度を上げようと努力しているためである。
そして午後には外回りで仙台の居酒屋へ営業に行っている。
「価格は高いが、おいしいものを求めているお客様に食べていただきたい」。
この煮干そばのコンセプトに合ったお客様が集まる仙台の居酒屋をリストアップし、店舗に電話など入れず飛び入りで入店し、煮干そばを紹介し商品を置いて帰る。その後もう一度その店舗を訪れ、味の感想を聞き商品をメニュー化してもらえないかなど交渉を行っている。

〇やりがいや苦労
店舗訪問での商品紹介時の好反応や励ましの言葉、また食べてもらった方からの「美味しかった」などの言葉をもらえることにやりがいを感じ、毎日楽しく活動できているそうだ。
反対に、ある地域の居酒屋を訪れた際、入店時に怪訝そうな顔をされてしまうことが多かったときはつらい思いをしたそうだが、今はもう慣れたらしい。

〇鈴木さんのインターン中の達成目標
目標としては、煮干そばの

    ①コンテストでの入賞や受賞
    ②モンドセレクションの獲得
    ③取引先の十件獲得
    ④県外まで広げること

である。コンテストでの入賞で取り扱い店舗の増加を狙い、その後できれば海外まで煮干そばを広めたいのだそうだ。
その目標達成を目指しながら、インターン終了時までには自身の成長を実感し、社会に出ても恥ずかしくない誇ることのできる自分になれるよう努力して活動しているそうだ。地元の美味しいものを広めたいという思いを胸に、試行錯誤しながら社長と二人三脚でプロジェクトを進めている。

〇インターンを通して鈴木さんが学びたいこと
学びたいことは、

    ①働く意義
    ②営業やマーケティングスキルの向上
    ③ビジネスマインド

だ。特に②に関して、学生団体のSTUDY FOR TWOに所属していた経験などからも、鈴木さんには貧困国の暮らしをビジネスにより豊かにしたいという昔からの夢がある。叶えるためには営業やマーケティングスキルの向上が欠かせないため、それを学べるこの企業を今回インターン先に選んだという。
将来的には食品に限らず様々なビジネスにより貧困国を救いたいと考えている。

〇私が感じたこと
最後に鈴木さんの話を受け、このワカツク長期実践型インターンに参加する一番の利点は「半年間のプロジェクトを、社長や経営者などリーダーの下で実際にコミュニケーションを取りながら、自由に仙台の地でさせてもらえる」ことではないだろうかと思った。

鈴木さんも「自分で考えた計画内容にすぐに社長の同意が得られるため、即座に取り組めて活動していて気持ちがいい。また方向性に迷った時も社長に直接相談し解決できるのでありがたい」と言っていた。
私はインターンはまわりが参加するからその波に乗らなきゃ、とりあえず一社だけでも参加しておかないと、と焦りながら参加するものだと思っていたが、鈴木さんと話して、実は楽しく価値のあるものなのではと感じた。

夢に向かって明確なステップを上がっている鈴木さんはとてもキラキラして見えたし、実際毎日楽しいと言っていた。そんな充実した日々を送る鈴木さんを見てうらやましく思えた。
明るくキラキラしていた鈴木さんが今後も目標達成を目指しながら、活動していく姿を応援していきたい。

Image_87ac3da

須田芽未 

受入企業
一般社団法人ワカツク
プロジェクト概要
須田芽未

2018.10.5須田芽未()

インターン生にインタビュー!長期実践型インターンの魅力って?

Image_87ac3da

2018年8月27日~31日にかけての5日間、ワカツクでインターンを行っていた須田芽未さん(宮城大学食産学部2年)が、半年間の長期実践型インターンに挑むワカツクインターン生にインタビューを行い、記事にまとめたものです。 …

続きを読む>

2016.2.4

西岳大

西岳大 東北大学 経済学部 2年

こんにちは。株式会社東北農都共生総合研究所でインターンをしている東北大学経済学部2年の西岳大です。
インターンシップも残すところ2ヶ月となり終盤に差し掛かってきました。

東北農都総研では、六次産業化というテーマのもと、一次産業従事者の方々の支援による地域活性化を目指しています。
私は今回、漁業者の方と鶏卵農家の方の支援を行っています。

漁業者の方の支援では「営業ができ、地域の魅力を伝えることができる漁業者の創出」というプロジェクトの基、活動しています。
私が営業活動のトライアルを行い、そこでの成功や失敗体験、営業の手法などをまとめマニュアルとして渡すことで、漁業者の方が実際に営業を行えるようになるところまで持っていきます。
また、地域に眠る資源(食文化や風習など)を調査し、伝えることにより、漁業者の方が第三者にその魅力を伝えることができるようにするのも私の仕事です。

卵農家の方の支援では「情報発信力などの経営基盤の構築」というプロジェクトの基、活動しています。
こちらは、既存顧客の名簿化やチラシ作りのノウハウをマニュアルにする形で、今後の経営に役立つようなお手伝いをしています。

堅苦しい説明になってしまいましたが、ここでインターン活動における面白さや、やりがいなどを紹介していきたいと思います。

  • 多種多様な業種の社会人の方からお話を聞くことができる。
    大学で過ごしていると、そこには学生だけの世界があり、社会人の方と接する機会は多くありません。
    ワカツクのインターンではアルバイトとしてではなく、社員に限りなく近い形で活動することができます。
    それは同時に多くの社会人の方と接する機会でもあり、いろんな価値観や考え方に触れることができるので、自分の視野が広がります。
  • おいしいものを食べることができる。
    一次産業従事者の支援という特性上、食材に触れる機会が多いです。そのため、食材を頂き、また試食することもあります。
    もちろんこれも仕事の内なので、他の製品と何が違うか、どこを改善するべきかなど考えながら食べます。
  • 多くの仕事を経験することができる。
    文章作成などのデスクワークは勿論、電話でアポイントを取っての営業活動や、展示会でのブースの設置案の企画など多くの仕事を体験することができます。多種多様な業務を経験することにより、自分自身の実力の向上につながります。
    160205_nishi

    大学のテストも終了し、春休みのインターンシップが始まりました。
    時間に余裕が持てる分、プロジェクトの完遂に向けてやり残したこと、やらなければならないことを達成していきたいと思います。
  • 西岳大 東北大学 経済学部 2年

    受入企業
    株式会社東北農都共生総合研究所
    企業HP
    http://tohoku-noto.co.jp/index.html
    プロジェクト概要
    西岳大

    2016.2.4西岳大(東北大学 経済学部 2年)

    インターンの面白さ、やりがいとは?

    160205_nishi

    こんにちは。株式会社東北農都共生総合研究所でインターンをしている東北大学経済学部2年の西岳大です。 インターンシップも残すところ2ヶ月となり終盤に差し掛かってきました。 東北農都総研では、六次産業化というテーマのもと、一 …

    続きを読む>

    2016.1.21

    古川浩汰

    古川浩汰 東北大学 経済学部 2年

    こんにちは!株式会社ゾウケイ社インターン生、東北大学経済学部2年の古川浩汰です。
    2015年の8月から始めたこのインターンシップも終盤に差し掛かっております。

    食を通じて地域活性を目指す小島社長率いる、「創業支援」「繁盛店づくり」のプロフェッショナル・ゾウケイ社。
    私のプロジェクトは「Nダイナー」の広報営業プロジェクトです。
    「Nダイナー」とは、つまりはキッチンカーのこと。
    福祉事業者や、六次化を目指す一次産業の方など、食品関係者の新たな利益獲得のお手伝いをするため、広報手段の選択から、顧客探し、実際の営業のための訪問、そしてお客様の問題解決まで全て行います。

    食を通じて笑顔の輪を広げたい!実践的な経験を積みたいというあなた!!
    第3次インターン生を只今募集中です!
    インターンを謳歌している私からこのインターンの魅力を紹介します。

    【プロジェクトの魅力】
  • 営業、広報というだけあり、小島社長をはじめ、魅力のあるたくさんの大人や、普通に生活しているだけでは絶対知ることのできない業界の裏話などを聞くことができます。
    机に座っているだけではわからない、そんな世界を見に行きましょう!
  • 忘れてはいけないのが小島社長の魅力。あなたが知らないこと疑問に思ってないことにスポットを当てていく小島メソッドは大学の講義では味わえない生の力にあふれています。
    また学生を信頼し多くの仕事を任せていただけるので、ワクワクする様々な体験ができます。
  • 実務と体験のハイブリット、デスクワークから現場体験など幅広い業務の中で偏らずに多くの経験を積むことができます。
    image1

    正直なお話をすると、かなり大変なプログラムになります。
    ただそこから得られる経験、知識、感動、達成感は何にもまさり自分の自信につながりますし、見る世界がガラリと変わる出会いにめぐり合えるはずです。
    私はインターンを始める前とは明らかにグレードアップしていると胸を張って言えます。

    今しか出来ないことを今やろう!やってみなきゃわからないし、やったことしか残らない!
    チャレンジ精神を持ってこの世界に飛び込んでみませんか?
    http://www.project-index.jp/intern/11143
  • 古川浩汰 東北大学 経済学部 2年

    受入企業
    株式会社ゾウケイ社
    企業HP
    http://zo-k.co.jp/
    プロジェクト概要
    http://www.project-index.jp/intern/8182
    古川浩汰

    2016.1.21古川浩汰(東北大学 経済学部 2年)

    私が感じるインターンの魅力

    image1

    こんにちは!株式会社ゾウケイ社インターン生、東北大学経済学部2年の古川浩汰です。 2015年の8月から始めたこのインターンシップも終盤に差し掛かっております。 食を通じて地域活性を目指す小島社長率いる、「創業支援」「繁盛 …

    続きを読む>

    2015.11.18

    古川浩汰

    古川浩汰 東北大学 経済学部 2年

    こんにちは。
    東北大学経済学部2年の古川浩汰です。
    私は株式会社ゾウケイ社でキッチンカーの営業、広報プロジェクトを担当しています。
    3歳で包丁を持ち、元料理ブロガーだった私にとって、食を通じて地域活性化を目指す、ゾウケイ社のプロジェクトは私にとってピッタリのものでした。
    8月にスタートして早3ヶ月、様々な人に出会い、多くの話から多くの学びを得ております。

    最近では、キッチンカーと同じように直接お客様と触れ合える機会を経験しようと、10/17,18の卸町ふれあい市で屋台という形でガレットを販売しました。
    お客様や協力してくれた方々のおかげもあり、しっかり黒字で営業を終えることもできました。

    image1

    また、2ヶ月目に取り組んでいた、ゾウケイ社のお客様へ対するインタビューもついに会社のホームページにアップされ、ゾウケイ社がどういう会社か、そしてお客様がどういう思いを持っていらっしゃるかいい機会となりました。
    http://zo-k.co.jp/ownervoice/index.html

    最近では、電話がけでキッチンカーに興味があると答えてくださったお客様に直接訪問し、悩みや希望、その事業の実態についてなど、現場の声を集めています。
    その悩みや希望を満たす提案をしようと奮闘中です。

    更に更に、自身でキッチンカーのモデルケースを作ってお客様の悩みにすぐ答えられるようにと、自分でメニュー開発から実販まで行いキッチンカーを運用するプロジェクトも進行中です。

    image2

    こんなドタバタな毎日を過ごしておりますが、確実に我が人生の中で最も悩み、学び、充実した日々を送れていることは間違いありません。残り半分も全力で走り抜けられるよう頑張っていこうと思います。

    余談ですがいま、インターン体験記ということでブログを書いています。ぜひご覧いただけると嬉しいです。
    http://s.ameblo.jp/wakuwakuintern/

    古川浩汰 東北大学 経済学部 2年

    受入企業
    株式会社ゾウケイ社
    企業HP
    http://zo-k.co.jp/
    プロジェクト概要
    http://www.project-index.jp/intern/8182
    古川浩汰

    2015.11.18古川浩汰(東北大学 経済学部 2年)

    ドタバタだけど充実した日々

    image1

    こんにちは。 東北大学経済学部2年の古川浩汰です。 私は株式会社ゾウケイ社でキッチンカーの営業、広報プロジェクトを担当しています。 3歳で包丁を持ち、元料理ブロガーだった私にとって、食を通じて地域活性化を目指す、ゾウケイ …

    続きを読む>

    2015.7.8

    葉坂真奈美

    葉坂真奈美 宮城学院女子大2年

    こんにちは!
    宮城学院女子大学2年の葉坂(はざか)真奈美です。

    現在、ほやの加工品を販売している(株)三陸オーシャンにて、長期実践型インターンシップ(半年間!)にトライ中です。

    三陸オーシャンでのインターンも、なんと残り約1ヶ月・・・
    月日が経つのは実に早いものです。

    開始したのは1年生の春休みから。
    長い長~い大学生の休暇期間、時間をかけてやりがいのあることにチャレンジしてみたいと思い、手を上げました。
    11227562_925341864188710_882053306818725211_n

    知識ゼロから仕事を始めたわけですが、
    インターンにおいて業種はさほど重要ではないと私は感じています。
    会社の求める働きと、自分のやりたい仕事が一致していればいいと思うのです。

    やる気と熱意を常に忘れなければ、力仕事やデスクワーク、はたまた接客・・・
    どんな仕事も自然に身につきますし、周りの大人だって頑張りを認めてくれます。

    要するに、学生パワー最強ってことです(笑)

    私は今、営業活動に力を入れています。

    たった20歳の未熟な学生相手でも、社会人の方は真剣に話を聞いてくださいます。
    自然に背筋が伸び、商品を説明する声にも力が入ります。
    10988266_925342014188695_6084829539981488557_o

    とにかく数をこなすのが当面の任務!そしてインターン終了までに、良い結果(商談)を社長にプレゼントするのが私の目標です!

    でも、それだけでは終わりません!

    集大成として、半年間の試行錯誤をもとに販売戦略・年間計画づくりにチャレンジします。

    私が巣立った後も、企業で活かせるものを社長と一緒につくっていきたいと思います!

    葉坂真奈美 宮城学院女子大2年

    受入企業
    株式会社三陸オーシャン
    企業HP
    http://www.sanriku-hoya.com/
    プロジェクト概要
    http://www.project-index.jp/intern/8124
    葉坂真奈美

    2015.7.8葉坂真奈美(宮城学院女子大2年)

    インターン期間も残り1ヶ月!

    11227562_925341864188710_882053306818725211_n

    こんにちは! 宮城学院女子大学2年の葉坂(はざか)真奈美です。 現在、ほやの加工品を販売している(株)三陸オーシャンにて、長期実践型インターンシップ(半年間!)にトライ中です。 三陸オーシャンでのインターンも、なんと残り …

    続きを読む>

    最新記事

    カテゴリ

    アーカイブ

    PAGETOP
    PAGETOP
    mailfacebooktwitter

    © 2015 WAKATSUKU All Rights Reserved.

    © 2015 WAKATSUKU All Rights Reserved.
    mailfacebooktwitter