あなたと地域の未来を創る
インターン生の日常
説明会に参加する

2020.2.21

20春名取北釜ファームインターン生

20春名取北釜ファームインターン生 

「株式会社 名取・北釜ファーム」は、震災後7軒の農家が集まり法人化した企業です。

今回のプロジェクトでは、名取・北釜ファームの野菜を直接消費者に届けるため、どんなニーズがあるのか市場調査に取り組んでいます!活動初日は、社員の方々に迎えられ、震災の歴史や名取・北釜ファームへの想いを直接聞くことができました。

86287828_132541877981133_7222184771776937984_n

直接見なければ、聞かなければ、どんなに調べてもわからないということを感じた。生産者の「私たちは価値のあるモノをつくっている」ということを知れた。他の農家のもとに出向いた時も同じように歓迎された。プレッシャーはあるが、その分「やってやる」という強い気持ちがある。(宮路・写真中央)

安ければいいというわけではない、と針生専務(写真右)がおっしゃっていたことが印象に残った。その言葉に作り手側のプライドを感じた。(出口・写真左)

20春名取北釜ファームインターン生 

受入企業
株式会社名取北釜ファーム
企業HP
https://kitakama-farm.jp/
プロジェクト概要
https://www.project-index.jp/intern/19178
20春名取北釜ファームインターン生

2020.2.2120春名取北釜ファームインターン生()

野菜を直接消費者に届けるための市場調査を行っています!

86287828_132541877981133_7222184771776937984_n

「株式会社 名取・北釜ファーム」は、震災後7軒の農家が集まり法人化した企業です。 今回のプロジェクトでは、名取・北釜ファームの野菜を直接消費者に届けるため、どんなニーズがあるのか市場調査に取り組んでいます!活動初日は、社 …

続きを読む>

2020.2.21

20春仙南測量設計インターン生

20春仙南測量設計インターン生 

岩沼市の「株式会社 仙南測量設計」は、ドローンでの空中写真測量を得意としています。

そのドローンの新たな使い道として、イノシシの獣害対策に着目し、ビジネスとして成立するかどうかを検証するプロジェクトに、インターン生がと取り組んでいます。

仙南ヒアリング風景

 

市役所に行ってお話を伺った。農家側の意見と行政側の意見を聞けたことで、今後考えなければいけないことが見えてきたかなと思う。 分からないことはできるだけ直ぐに聞かないと行動に移せないので、時間を大切にするためにも質問・確認することは大事だと思った。(本間・写真右)

ドローンを実際に操作させていただき、イノシシを見つける際の難点も感じることができた。方法も模索していかなくてはいけないと感じたが、多方面からドローンを飛ばしてみることで分析を重ねていくという方法かなと考えている。また、学校で習っている方法を使って、昨日のヒアリングの内容をまとめた。自分たちがインターンした意味、付加価値のようなものに悩んでいたが、自分たちができることは積極的にやっていこうと思う。(丹波・写真中央)

案内していただいた山で、テスト飛行の許可をいただいた。ヒアリングとは言いつつ山や水田を歩きまわって、実際の被害状況を見て回る。猟師の方や専業農家の方とお話して、色々と猪の生態や、考え方について聞いた。着地地点は、最初に考えていたものから大分離れたものになりそうだが、ある程度の筋道は見えた。(曽山・写真左)

20春仙南測量設計インターン生 

受入企業
株式会社 仙南測量設計
企業HP
http://www.sennan-ss.co.jp/index.html
プロジェクト概要
https://www.project-index.jp/intern/19425
20春仙南測量設計インターン生

2020.2.2120春仙南測量設計インターン生()

イノシシの農業被害を減らすために、測量用ドローンを生かす方法を検証!

仙南ヒアリング風景

岩沼市の「株式会社 仙南測量設計」は、ドローンでの空中写真測量を得意としています。 そのドローンの新たな使い道として、イノシシの獣害対策に着目し、ビジネスとして成立するかどうかを検証するプロジェクトに、インターン生がと取 …

続きを読む>

2020.2.20

20春オーバードインターン生

20春オーバードインターン生 

「有限会社オーバード」では、訪問介護サービスと小規模多機能型居宅介護施設を運営しています。


仙台市太白区長町の介護施設「マイムケア長町」では、年齢などに関係なく、さまざまな人たちが交流する場所を目指していて、インターン生は地域のニーズをヒアリングし、イベントを実施していくプロジェクトに取り組んでいます。

86354055_1067304683634439_7497405198067826688_n

子どもが来たときに、イベントの宣伝もすることができてよかった。 自然に会話しながら、子どもたちが興味のあることや好きなことを聞き出し、イベント内容にいかしたい。(相馬・写真左)

初めてマイムケアにお邪魔したのに、すぐに場に馴染むことができた。そんな雰囲気が日常であることは、強みであると感じた。(石浦・写真左から2人目)

マイムケアに関わる人たちの熱い思いを伺った。生活している中での違和感・もやもやと社会課題とがリンクして事業を作っていったこと、ウェルカム精神は職員と利用者さんで共有して始めたという話が印象的だった。(水野・写真左から3人目)

そんな3人が企画したイベントは、2月22日(土)に開催!ぜひチェックお願いします!(次のイベントタイトルからFacebookイベントページに行けます)
ダイラタンシーどすえ~水の上を走るで~

20春オーバードインターン生 

受入企業
有限会社オーバード
企業HP
http://maimucare.com/
プロジェクト概要
https://www.project-index.jp/intern/19797
20春オーバードインターン生

2020.2.2020春オーバードインターン生()

介護施設を様々な人が交流する場所にするためマーケティング&イベントを企画!

86354055_1067304683634439_7497405198067826688_n

「有限会社オーバード」では、訪問介護サービスと小規模多機能型居宅介護施設を運営しています。 仙台市太白区長町の介護施設「マイムケア長町」では、年齢などに関係なく、さまざまな人たちが交流する場所を目指していて、インターン生 …

続きを読む>

2020.2.17

20春ワンテーブルインターン生

20春ワンテーブルインターン生 

「株式会社ワンテーブル」が運営する「ロクファームATALATA」は、震災をきっかけに建てられた食の商業施設です。


住宅街の中に位置する店舗を、地域に根差す場所にし、そこに訪れた子どもたちの‟思い出の場所”となれるようなイベントの企画運営に、3人のインターン生が取り組んでいます。

86500011_487601855215345_3973549046127132672_n ▲イベント企画打ち合わせ中の3人

 

子どもの記憶に残りやすいのはどんなものかを知ると同時に、自分自身の昔の記憶を思い出すきっかけにもなった。アタラタのどんな課題を解決するためにイベントを作るべきなのか、明確になった。(原渕・写真左)

お客様にイベントの宣伝を兼ねて声かけをしたら、「私は不定期休みで空いてるから行ける」という声や、説明後に資料を手に取って読んでくれた人がいたので嬉しかった。(荻原・写真中央)

イベントに向けた活動の他に、どのようにすればお店をよくできるかをもっと考えることもできそうなので、新たな視点からアプローチできればさらに良いと思った。(佐藤・写真右)

そんな3人が企画したイベント第1弾は、2月21日(金)に開催!ぜひチェックお願いします!(次のイベントタイトルからInstagramに飛びます)
アタラタアカデミー

20春ワンテーブルインターン生 

受入企業
株式会社ワンテーブル
企業HP
https://www.onetable.jp/
プロジェクト概要
https://www.project-index.jp/intern/19185
20春ワンテーブルインターン生

2020.2.1720春ワンテーブルインターン生()

地域に根差し、子どもたちの思い出の場所となるようなイベントを企画中!

86500011_487601855215345_3973549046127132672_n

「株式会社ワンテーブル」が運営する「ロクファームATALATA」は、震災をきっかけに建てられた食の商業施設です。 住宅街の中に位置する店舗を、地域に根差す場所にし、そこに訪れた子どもたちの‟思い出の場所”となれるようなイ …

続きを読む>

2020.2.12

寺尾まりえ

寺尾まりえ 

受入企業:

DSC08792

こんにちは!コーディネーターの寺尾です。

昨日、2月11日より仙台市・名取市・岩沼市の地元企業様5社において、「復興・創生インターン」がスタートしました。

初日は、集合の事前研修を実施し、目標設定や行動計画について検討しました。
各受入企業様での活動は、今日(12日)が初日です!

本インターンシップは、単なる就業体験に留まらず、被災地の企業が抱えている大震災で失った販路の回復や、人手不足といった経営課題に対し、経営者と協働して解決に取り組む実践型インターンシッププログラムです。

学生のキャリア観の醸成や課題解決能力の向上を図ることを目的としており、事前の選考を経て各社にマッチングした、首都圏や遠くは北海道や京都など、県外の大学生13名が滞在し、各社のプログラムに取り組みます。

ワカツクでは、昨年度より復興庁主催の伴走型人材確保・育成支援モデル事業「復興・創生インターン」において、仙台・名取・岩沼地域のコーディネートを担当しており、今年度で3年目となります。


【受入企業・実施概要】
◆株式会社MITU(仙台市新浜)
 被災農地で、塩害の土壌改良と障がい者の雇用創出の両方を実現するため、作物が育ちにくい土地でも育成できるスイートソルガムを栽培し、新商品として売り出すためのマーケティング

◆有限会社オーバード(仙台市長町)
 駄菓子屋が併設された介護施設「マイムケア長町」で、利用者と地域の方々が交流できる場を作るため、地域住民のニーズを調査しながら、施設の情報発信とイベントの企画・運営を行う

◆株式会社名取北釜ファーム(名取市下増田)
 震災後、7軒の農家が集まってできた農業法人が、BtoBからBtoCへ事業転換を行いながら、企業と地域のブランディングを行うための、市場調査と商品開発

◆株式会社ワンテーブル(名取市杜せきのした)
 震災後、防災や食の大切さをテーマとして作られた商業施設で、店舗と地域活性化のための子ども向けイベントの企画・運営を行う

◆株式会社 仙南測量設計(岩沼市相の原)
 地域課題となっているイノシシによる農業被害と、それによる営農意欲の低下を防ぐため、測量で使用しているドローンを獣害対策の調査へ転用できるか実証実験を行い、新規事業としての芽を探る



今後も、インターン生の挑戦の様子をご紹介していきます。
皆様、応援のほどよろしくお願いいたします!

寺尾まりえ 

受入企業
プロジェクト概要
寺尾まりえ

2020.2.12寺尾まりえ()

仙台・名取・岩沼5社にて復興・創生インターン開始!

DSC08792

こんにちは!コーディネーターの寺尾です。 昨日、2月11日より仙台市・名取市・岩沼市の地元企業様5社において、「復興・創生インターン」がスタートしました。 初日は、集合の事前研修を実施し、目標設定や行動計画について検討し …

続きを読む>

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

PAGETOP
PAGETOP
mailfacebooktwitter

© 2015 WAKATSUKU All Rights Reserved.

© 2015 WAKATSUKU All Rights Reserved.
mailfacebooktwitter